転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 腎臓内科への転職

腎臓内科への転職

腎臓内科の転職事情や求人情報などに関してご紹介しています!

当ページでは、主に慢性腎炎やネフローゼ症候群など腎臓に関する診断を専門にする腎臓内科への転職や求人に関してまとめているので、参考にしてください。

腎臓内科の転職では、シャント造設など外科のスキルも同時に持っていると転職しやすく、より好条件の転職ができる傾向があります。

腎臓内科の医師の構成

腎臓内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
腎臓内科29801.673.226.840.8

腎臓内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
腎臓内科5130.576.623.452.6

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

腎臓内科の医師構成の傾向

腎臓内科は比較的マイナーな科目だと言えます。病院においては全体の医師が188306人いるのに対し、腎臓内科の医師は1.6%の3000人弱、診療所においては全体の医師の100544人うち500人程度にとどまっています。

男女比率に関しては、全体と比較すると女性医師の割合が高く病院とクリニック共に6%ほど上回っています。平均年齢も3歳以上低い傾向があります。

腎臓内科への転職情報

腎臓内科への転職の内情を解説します!

腎臓内科は、医師数は少ないものの、とても必要とされています。常勤と非常勤どちらにおいても現員医師数を必要医師数が上回っている状況で、特にシャント造設をはじめとする外科のスキルがあると転職しやすくなります。これには、人工透析が必要な患者っが増加しているという背景があります。また、求人を出している施設は多様ですが、リウマチなどの専門スキルを生かすのであれば大学病院や専門病院でないと厳しい状況です。勤務地に関しても専門性の高いものであればあるほど勤務地が限定されていきます。

腎臓内科は、必要とされている一方で、専門的なものだと求人が限られたり、スキルがないと転職しづらい状況になったりすることがあります。もし少しでも不安があるのであれば、転職エージェントのコンサルタントにアドバイスをもらうと良いでしょう。

腎臓内科の求人情報

【No.1】腎臓内科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1800万円
勤務形態常勤
勤務内容透析管理

【No.2】腎臓内科の求人例

勤務地兵庫県
年収・給料2000万円
勤務形態常勤
勤務内容透析管理

※腎臓内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

腎臓内科への転職の評判

30代前半の女性医師の口コミ

転職前の職場は常勤の医師が少なく、緊急の対応が多くてとにかく忙しかったんです。なので転職先の希望としては、休みがしっかりとれる環境というのは絶対条件として、透析ができて、週4日程度、クリニックというようものでした。転職エージェントのコンサルタントの方に求人を探してもらいましたが、透析病院の求人を紹介してくれました。クリニックではありませんでしたが、透析管理ができて週4日勤務、職場も駅から近く、おおむね条件を満たした求人でしたので、転職することにしました。転職後は時間にゆとりをもって勤務ができています。

腎臓内科はマイナーな科目の一つなので、条件を満たす求人が見つかるか不安でした。おおむね条件を満たすきゅじんが見つかったので満足していましたが、転職エージェントサイトに登録するメリットはその後に感じました。選考書類の作成、面接日程の手配、面接のアドバイス、見学同行、入職関連の書類、転職後のヒアリングなどサポートというサポートはすべてしてもらいました。コンサルタントをうまく活用するかしないかで転職の質は大幅に変わると感じました。

腎臓内科への転職に良いサイトランキング

腎臓内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

腎臓内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。腎臓内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科