転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 人工透析への転職

人工透析への転職

人工透析の求人情報や転職体験談を記載しています!

腎臓が担う機能を人工のもので代替する治療を行う科目である人工透析の求人や実際の医師による転職体験談を記載していますので、参考にしてください。

人工透析は近年ニーズが増大しており、求人は全国に多くあるため、ある程度自分の希望を整理してから転職活動を送ることが求められます。

人工透析の医師の構成

人工透析【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
人工透析-----

人工透析【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
人工透析-----

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

人工透析の医師構成の傾向

人工透析の医師数や男女比率、医師の平均年齢などに関するデータは取れていません。

人工透析への転職情報

人工透析への転職の内情を解説します!

人工透析の求人は最近になって増加しており、都市部はもちろん、地方にも多くの求人があります。また、常勤でも非常勤でも求人を見つけることができるため、比較的自分の希望に沿った形での転職が可能になります。求人を出しているのは、人工透析を含む病院や人工透析を専門としているクリニックなどがメインとなっています。また、勤務経験がある医師であれば認定の資格がなくとも転職先を見つけることができます。給料の水準は年収にして1300万円~1700万円当たりが相場ですが、勤務条件によってはこれを大きく超える場合もあります。

求人数に関しては多くあるので問題ないので、それを絞り込む作業が大変になります。転職エージェントを利用することでコンサルタントの視点から、あなたの希望に沿ったおすすめの求人を紹介してくれるので、転職における手間が大幅に省けます。

人工透析の求人情報

【No.1】人工透析の求人例

勤務地長野県
年収・給料1500万円~2200万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、透析管理

【No.2】人工透析の求人例

勤務地鹿児島県
年収・給料1600万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、透析管理

※人工透析の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

人工透析への転職の評判

40代半ばの男性医師の口コミ

実は元は別の領域が専門で、消化器内科の医師として勤務していたんです。転職前に、親戚の一人が人工透析を導入したんです。そこで、親戚の診療ができないのは自分として納得できなくて、転職してスキルを身に付けようと思ったんです。厳しいというのは承知でしたが、内科としての専門性も捨てたくなかったので、内科も並行できる転職先をコンサルタントに探してもらいました。そうした小~中規模ぐらいの病院で希望に沿う職場を紹介していただいたので、転職しました。年収は多少下がりましたが、サポートしてくれたコンサルタントに感謝しています。

かなりわがままな条件でしたが求人が無事見つかってよかったです。転職エージェントに登録してコンサルタントに相談する前までは、常勤で人工透析の求人を探して、非常勤で消化器内科の求人を探して、とそれぞれ別の医療機関で仕事をしようと考えていたので、同じ医療機関でそれぞれ並行してできると決まったときはとても嬉しかったです。もし、それぞれ別でやっていたとしたら、選考も二回ありますし、入職後に職場に馴染むまでの精神的な疲労もあったと思います。

人工透析への転職に良いサイトランキング

人工透析への転職は下記のサイトがおすすめです!

人工透析に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。人工透析への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診