転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 心療内科への転職

心療内科への転職

心療内科への転職事情、求人情報などに関して解説しています!

心身症をはじめとする身体の疾患の診療や治療を業務とする診療科である心療内科に関して解説しています。転職をお考えの医師の方は、是非参考にしてください。

心療内科は狭い分野なので、求人の多くは精神科など他の科目も併設している病院が多いため、心療内科のみに専門性があっても転職がしにくくなります。

心療内科の医師の構成

心療内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
心療内科3000.272.327.749.5

心療内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
心療内科5470.579.320.756.2

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

心療内科の医師構成の傾向

心療内科は、非常にマイナーな診療科の一つです。200万人近くいる病院勤務の医師の中で心療内科の医師はわずか300人に留まります。また、クリニックでも同じ傾向で医師全体の0.5%にあたる547人しか心療内科の医師はいません。

心療内科は、女性医師が多いという特徴もあります。病院・クリニックのどちらにおいても全体と比較して女性医師の比率は高くなっています。

心療内科への転職情報

心療内科への転職の内情を解説します!

心療内科は医師数が少ないことから想像できますが、求人数に関しても数が限られています。ですので、求人は東京や大阪などの大都市がメインとなっています。非常勤の求人が多いため、比較的柔軟な形態で勤務することができるのも特徴の一つです。また、心療内科はニッチな診療科目なので、精神科も併設しているところが多くなります。ですので、そういった病院に転職をする場合は、精神科の領域に関しても抑えておくことが必要となります。また、年収の相場は1500万円~1800万円です。

求人数が限られていることもあり、心療内科への転職を考えるのであれば、転職エージェントを有効活用しましょう。登録することで、転職のプロが一般に出回っていない好条件の非公開求人から、あなたの希望に沿った心療内科の求人を推薦してくれます。

心療内科の求人情報

【No.1】心療内科の求人例

勤務地岐阜県
年収・給料1200万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理

【No.2】心療内科の求人例

勤務地宮城県
年収・給料1500万円
勤務形態常勤
勤務内容無床クリニックの院長業務

※心療内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

心療内科への転職の評判

40代後半の男性医師の口コミ

元々は心療内科の医局に籍を置いていました。家族の事情で東京都内、もしくは近郊に転職をする必要が出てきました。精神腫瘍学を勉強していたので、その方面の臨床を転職後もしたいと思っていました。そこで、精神科の病院・クリニックではなく、がん患者を精神面からサポートする体制の病院を希望していると転職エージェントのコンサルタントに伝えました。難しい要求なのは承知していましたが、新設の病院を一件紹介していただき、4か月後には転職しました。多分ご苦労されたとは思いましたが、見つけてくださり本当に感謝しています。

都内もしくは東京近郊ということだったので、場所に関して求人が見つかりにくいという心配はなかったのですが、いかんせん専門の科目がかなりマイナーな心療内科だったので、求人が見つかるかは不安でした。しかし、やはりこれまでで培ってきた専門性やスキルは今後も生かしていきたいと考えていたのでコンサルタントにお願いしました。年収は若干下がりましたが、気になるほどの差ではなかったので気になりませんし、何よりスピーディな転職ができたので満足しています。

心療内科への転職に良いサイトランキング

心療内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

心療内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。心療内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科