転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 小児科への転職

小児科への転職

小児科の転職情報や求人の事例などを記載しています!

15歳以下の小児の全般の診療や治療を手掛ける診療科である小児科への転職情報や求人の事例、転職の体験談などを記載していますので、是非ご覧ください。

小児科の転職は、女性医師が多い科目で、医師の負担を減らす施策を行っている病院も多いので、内情をおさえた上で転職するのがポイントとなります。

小児科の医師の構成

小児科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
小児科97445.264.735.342.5

小児科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
小児科65966.668.631.459.8

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

小児科の医師構成の傾向

小児科医の医師数は、病院では9744人おり、全体の188306人のうち5%以上にも及びます。診療所においても、10万人程度いる全体の医師のうち6%以上の6596人が小児科を診療科目としている医師です。

病院と診療所、どちらにおいても全体と比較すると女性の比率が多いのが大きな特徴の一つと言えます。医師の平均年齢に関しては、おおむね全体と同程度となっています。

小児科への転職情報

小児科への転職の内情を解説します!

小児科は、医師の不足が進み、常勤・非常勤いずれも現認医師数を必要医師数が上回っており、売り手市場となっています。年収は1200万円~1500万円程度が相場となっています。特に総合病院からのニーズが多い診療科で、中には1名もしくは2名で入院患者と外来患者を対応する場合もあり、精神的・肉体的に負担がかかります。小児科には女性医師が多く、女性医師のワークシェアによってそれぞれの負担を減らす施策を行っている病院もあるので、転職をする際には職場の内情をしっかりと押さえておくことが求められます。

小児科への転職をお考えなのであれば、転職エージェントに登録することをおすすめします。通常の求人情報誌には載っていないような職場の細か情報まで把握したコンサルタントのアドバイスを受けることでより理想的な転職を実現できます。

小児科の求人情報

【No.1】小児科の求人例

勤務地長野県
年収・給料1300万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】小児科の求人例

勤務地熊本県
年収・給料1300万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容専門診療

※小児科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

小児科への転職の評判

40代半ばの男性医師の口コミ

元々2人でやっていた病院を一人でやることになり、初めのころは頑張っていましたが、徐々に身体的な疲労が溜まってきて転職を考えるようになってきました。専門に関する知識も高めていきたいと思っていたのに、研究会にすら参加できないほどの忙しさで、このままでは今後のキャリア形成もできなくなると思って転職エージェントに登録しました。コンサルタントが、体制の整った病院を素早く探し出して紹介してくれたので、すぐに面接を受けて入職に至りました。今では学会や研究会への参加もできるようになり、非常に満足しています。

医師は実務ももちろんですが、それ以外の学会などに参加して自分の専門性を高めいていくのも仕事の一つだと思っています。日々の業務に追われて自分のキャリアを壊してしまっては元も子もありませんから、業務が過剰にあって自分の時間が少しもないという方は是非一度転職エージェントに登録してコンサルタントに相談してみるといいと思います。無理に転職させられることは決してなく、現状を踏まえた上でベストなソリューションを提供してくれます。

小児科への転職に良いサイトランキング

小児科への転職は下記のサイトがおすすめです!

小児科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。小児科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診