転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 消化器内科への転職

消化器内科への転職

消化器内科に関して、転職体験談や求人例を掲載しています!

このページでは、食道や胃などの消化器の病気を診る診療科である消化器内科に関して、その転職体験談や求人例などをご紹介しているので、参考にしてください。

消化器内科の転職では、上部・下部内視鏡、総合的な内科診療、心電図の読影などのスキルを持っていると求人が見つかりやすくなります。

消化器内科の医師の構成

消化器内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
消化器内科97885.284.415.641.8

消化器内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
消化器内科32923.391.58.557.3

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

消化器内科の医師構成の傾向

消化器内科は、一般内科や一般外科などに次いで医師数が多い科目です。特に病院においては顕著で、188306人のうち全体の約5%の医師にあたる9788人が消化器内科の医師です。診療所においては、その3分の1程度の数の医師しかいません。

また、男性比率が非常に高いのが特徴です。病院においては5%、診療所においては10%ほど比率が高くなっています。また、平均年齢に関しては、平均値をやや下回っています。

消化器内科への転職情報

消化器内科への転職の内情を解説します!

求人数に関しては非常に多く、一般内科などに次いで高い値となっています。求人を出している施設に関しては、専門外来のある病院に限らず、診療所、人間ドック施設などか幅広いのが特徴です。スキルに関しては、上部内視鏡と下部内視鏡のどちらも必要となる場合が多くなります。さらに総合的な内科診療ができれば療養型医療機関、心電図の読影などができれば健診系の施設などスキルを生かした転職活動を送ることが求められます。年齢、勤務形態、場所、年収など、ある程度ご希望の仕事を探すことができます。

消化器内科では、ご自身のスキルを踏まえた転職活動を送る必要があるため、転職エージェントをご利用をおすすめします。医師の転職に精通した専任のコンサルタントが、あなたの希望やスキルを考慮に入れたキャリアプランを提案してくれます。

消化器内科の求人情報

【No.1】消化器内科の求人例

勤務地埼玉県
年収・給料1800万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】消化器内科の求人例

勤務地愛知県
年収・給料1500万円~1600万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、訪問診療

※消化器内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

消化器内科への転職の評判

30代後半の男性医師の口コミ

転職前まで勤務していた病院が非常に忙しく、もっと時間に余裕のある施設に行きたいと転職を決意し、転職エージェントに登録しました。「場所は子供もいるので動けず、家から1時間以内で行ける病院」、「残業は少なめ、当直も毎週は厳しい」、「年収は1500万円以上」、「週4~5勤務」、「内視鏡検査は続けたい」など様々な希望がありましたが、それをコンサルタントに伝えたところ、希望を満たす求人を素早く紹介してくれました。紹介された中から2つの病院に面接に行き、その内の一つに転職をしました。とてもスムーズに転職出来て良かったです。

私のようにとにかく希望が明確にあって、それに合う求人を探したいという場合には転職エージェントを利用するのが効率的です。ネットで検索するにしても、これだけ希望があれば一発で希望を満たす求人は見つかるはずもありません。しかし、コンサルタントは転職に精通した人なので、色んな要望を伝えてもそれに合った求人をしっかり見つけ出して紹介してくれます。これが転職エージェントを利用するメリットの中でも一番大きいと思います。

消化器内科への転職に良いサイトランキング

消化器内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

消化器内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。消化器内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科