転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 消化器外科への転職

消化器外科への転職

消化器外科の求人例や転職体験談をご紹介しています!

食道や胃、腸をはじめとする消化器を手術によって治療する診療科である消化器外科の求人例や転職市場など、転職希望者に役立つ情報を提供しています。

療養型病院や人間ドッグ、大規模な病院が求人のうち多くを占めており、下部内視鏡の技術を持っていると転職に有利になります。

消化器外科の医師の構成

消化器外科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
消化器外科44892.494.75.344.6

消化器外科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
消化器外科2710.397.82.260.5

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

消化器外科の医師構成の傾向

消化器外科の医師の人数はあまり多くありません。病院では医師全体の2.4%にあたる3000人弱ほどしか消化器外科医師はいません。この傾向は診療所ではもっと顕著で、診療所の医師全体の0.3%しか消化器外科の医師として勤務していません。

医師の業界は男性が8割程度を占めますが、消化器外科に限るとその割合は94%以上にも及びます。平均年齢はそこまで全体との差異はありません。

消化器外科への転職情報

消化器外科への転職の内情を解説します!

常勤と非常勤のどちらも現員医師数が必要医師数に到達しておらず、求人自体はあります。しかし、増加傾向があるわけではなく、ここ数年はほぼ横ばいとなっています。設備が整っている大規模な病院、胃ろうなどのニーズのある療養型の病院、人間ドックや健診など求人を出している施設は多岐にわたります。尚、下部内視鏡のスキルを持っていると転職しやすくなります。年収は比較的高水準で、1600万円~1800万円あたりが相場となっていますが、特に関東地域や東北地域、その他の地方都市部の年収が高い傾向にあります。

求人自体は多くなっている分、自分の希望をある程度持っていないと求人を絞り込むことはできません。転職エージェントのコンサルタントは、現職の不満の洗い出しからサポートしてくれるので、転職が初めてという方は特に活用したいところです。

消化器外科の求人情報

【No.1】消化器外科の求人例

勤務地福島県
年収・給料1700万円~2500万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】消化器外科の求人例

勤務地東京都
年収・給料2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・訪問診療

※消化器外科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

消化器外科への転職の評判

40代後半の男性医師の口コミ

一番最初は大学の医局に籍を置いており、7年くらい前に地方の医療に貢献したいと思って地方の中規模の病院に転職しました。しかし、東北でなまりの強い地域だったために言葉の壁を感じてしまい、もう一度都心部の病院に転職したいと考えるようになり、転職エージェントを利用しました。以前は年収2400万円という高給料でしたが、年収は下がったとしても都心部におきたいと思っていたので、コンサルタントに求人を探してもらいました。以前より400万円ほど年収は低い職場でしたが、雰囲気のよい場所だったので入職を決めました。

実際に入職した後も、職場の人の対応も良く、労働環境にも満足しているため、転職して良かったと思っています。都心の病院には戻りましたが、まだ地域医療に貢献したいという思いはあるので、転職する際には同じサイト、同じコンサルタントにお願いしたいと思っています。一応、今から数年間はこの病院での勤務を通してしっかり医療に貢献して、定年までの数年間でまた地方に戻って地域医療に携わる準備のために、現在も転職エージェントを通した情報収集は継続的に行っています。

消化器外科への転職に良いサイトランキング

消化器外科への転職は下記のサイトがおすすめです!

消化器外科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。消化器外科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

外科一般外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 形成外科 美容外科