転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 心臓血管外科への転職

心臓血管外科への転職

心臓血管外科の求人事情、転職体験談などをご紹介しています!

心臓や血管の病気の治療、手術を行う診療科である心臓血管外科の求人事情や転職した医師の体験談などをご紹介していますので、ご覧になってください。

心臓血管外科は、専門科を持つ大きい病院からの求人が多く、地方や非常勤では求人が見つかりにくいという特徴があります。

心臓血管外科の医師の構成

心臓血管外科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
心臓血管外科28111.594.45.644.2

心臓血管外科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
心臓血管外科820.193.96.153.2

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

心臓血管外科の医師構成の傾向

心臓血管外科の医師数はあまり多くありません。病院においては全体の医師のうちの1.5%にあたる2811人が心臓血管外科医師として勤務しています。クリニックにおいては、心臓血管外科の医師はほとんどおらず、100人弱程度となっています。

医師全体の男女比率は男性が8割、女性が2割程度ですが、心臓血管外科の医師は9割以上が男性となっています。平均年齢はおおむね全国平均と同じ値です。

心臓血管外科への転職情報

心臓血管外科への転職の内情を解説します!

若い医師が外科を離れているという現状があり、3年~10年の勤務経験がある医師が一番求められています。また、心臓血管外科は求人数が少ないですが、これは大規模な病院への集約が進められているためです。ですので、求人を出している所は、大規模な病院、新規の立ち上げなどがメインとなっており、その際にも数名程度しか採用はされません。また、地方の求人は少ない傾向にあり、勤務形態も常勤が中心となっています。年収は、条件によって大幅に変わりますが、1100万円~1700万円程度が妥当だと言えます。

心臓血管外科への転職を考えるのであれば転職エージェントの活用が重要になります。求人数自体が多くないので、コンサルタントが紹介してくれる非公開求人による転職がメインとなるためです。また、選考に関してもサポートしてくれるので安心です。

心臓血管外科の求人情報

【No.1】心臓血管外科の求人例

勤務地佐賀県
年収・給料1300万円~1700万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、検査

【No.2】心臓血管外科の求人例

勤務地山形県
年収・給料1000万円~2500万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟管理、手術、各種専門検査

※心臓血管外科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

心臓血管外科への転職の評判

40代後半の男性医師の口コミ

医局に籍を置いて長年にわたって、心臓血管外科の医師として地域の医療に関わってきました。しかし、とにかく忙しくて家に帰れるのは週末で、もっと余裕の持った生活をしたいと思ったのが転職エージェントに登録したきっかけです。コンサルタントの方に希望を言ったら、スムーズに求人を2~3個紹介してくれました。心臓血管外科、時間外の拘束が少ない、家から近いといった条件通りの求人でした。実際に見学や面談をしてみた結果、これから専門科目を新設で立ち上げるという病院に関わらせていただくことにしました。とても満足しています。

病院内に新しく専門科目を立ち上げる経験は何度もできるものではありませんから、とても勉強になって良かったです。コンサルタントを介した転職でなければ、おそらく見ず知らずの人にいきなり専門科目の新設は任せないと思いますし、そこら辺の提案力はやはりすごいと思いました。それも、病院に対しても私に対してもWinになるように取りはからってくれたので、スムーズに入職することができました。年収まで上がったので非常に感謝しています。

心臓血管外科への転職に良いサイトランキング

心臓血管外科への転職は下記のサイトがおすすめです!

心臓血管外科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。心臓血管外科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

外科一般外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 形成外科 美容外科