転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 神経内科への転職

神経内科への転職

神経内科の医師の情報や転職事情に関して解説しています!

このページでは、脳や脊椎など神経に関連する診療や病気の治療を仕事とする診療科の神経内科への転職事情や求人例、転職体験談を掲載しています。

生活習慣病の患者が多くなっているなどの背景から近年ニーズが出てきている科目の一つで、全国から常勤・非常勤の求人が出ています。

神経内科の医師の構成

神経内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
神経内科39512.178.022.044.0

神経内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
神経内科4100.479.820.255.8

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

神経内科の医師構成の傾向

神経内科は他の科目と比較するとやや医師数が少ない傾向があります。病院の神経内科の医師は全体の2%の4000人弱、診療所に関して言えば全体の0.4%の500人弱となっており、人数の少なさがわかります。

尚、女性医師は全体と比較すると数%ほどですが、多い傾向にあります。平均年齢は病院も診療所もおおむね同程度となっています。

神経内科への転職情報

神経内科への転職の内情を解説します!

神経内科はの求人は、主に脳神経外科を専門とする病院、リハビリテーションを専門とする病院などから出ていることが多いです。常勤に関しては、必要医師数が現員医師数を大幅に上回っており、東京や大阪など大都市を中心として全国から求人があります。パーキンソン病やてんかんなどの分野を強みとされている医師の方なら比較的容易に転職ができます。また、最近の傾向として、認知症や生活習慣病の増加によって、特に在宅医療の分野のニーズが高まっていることが挙げられます。

神経内科の転職に関しては、ご自身がお持ちの専門スキルを最大限に生かした転職をすることをおすすめします。転職エージェントを利用すれば、転職のプロが今まで培ってきた専門性をどう生かして転職すべきか指南してくれるので安心です。

神経内科の求人情報

【No.1】神経内科の求人例

勤務地埼玉県
年収・給料1200万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】神経内科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1440万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・検査

※神経内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

神経内科への転職の評判

30代後半の女性医師の口コミ

神経内科で仕事をしていましたが、年収に関して以前から不満がありました。そこで、転職エージェントに登録して、様子を見ていました。求人情報が定期的に流れてきたのですが、その中で、年収2000万円という神経内科の中で比較的高めの年収を提示している求人があったので、コンサルタントに詳細を聞きました。時間外の呼び出しがある点以外はおおむね納得ができました。子供がいる事情をコンサルタントの方に話したら、病院側と条件交渉をしてくれ、柔軟に対応してくれました。そこで、すぐに今の職場に転職してきました。

人間関係のこじれとか労働環境での不満、家族の関係などに起因する場合であればすぐに転職を考えるかもしれませんが、私の場合は年収の低さ以外に特に不満があるわけではなかったので、急を要する転職ではありませんでした。コンサルタントは、転職させるのが仕事なので初めは無理やり転職する方向にもっていかれないか不安でしたが、しっかりとこちらのペースに合わせてくれました。登録してから転職まで数か月間もかかりましたが最初から最後までしっかりと対応してもらえました。

神経内科への転職に良いサイトランキング

神経内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

神経内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。神経内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科