転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 精神科への転職

精神科への転職

精神科への転職関連情報を提供しています!

精神状態の乱れや精神に関する病気の治療を行う診療科である精神科に関して説明しています。精神科への転職をお考えの方は、是非ご覧ください。

精神科の求人は、メンタルクリニックと専門科を持つ病院が多くなっており、転職後の専門医取得を認める求人も多いため転職がしやすいと言えます。

精神科の医師の構成

精神科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
精神科111745.978.821.248.5

精神科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
精神科35593.578.521.556.4

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

精神科の医師構成の傾向

精神科は医師の数が多い診療科です。病院に関して言えば、医師全体のうち5.9%にあたる医師が精神科で勤務しています。クリニックに関してもおおむね同じ傾向で、全体の3.5%が精神科医だというデータが出ています。

男女比率は、全国に傾向と比較して、若干女性医師の比率が多くなっています。また、平均年齢はほぼ全国平均と同程度になっています。

精神科への転職情報

精神科への転職の内情を解説します!

精神科の求人数は非常に多くなっています。ですので、都市部に限らず地方においても多くの求人が出ています。その求人の内訳はメンタルクリニックと、精神科の専門科を持つ病院がほとんどになっています。転職がしやすい診療科ではありますが、近頃では専門医でないと採用していない病院もあります。もし、専門ではないけど転職をしたいという場合であれば、転職後に専門医の取得を補助してくれる職場を、転職エージェントのコンサルタントの紹介してもらうことをおすすめします。年収に関しては、東北や関東が特に高くなっています。

精神科への転職をお考えなのであれば、転職エージェントのコンサルタントに任せましょう。転職が比較的しやすい科目ではありますが、より自分に合った求人を見つけるのであれば、転職んプロからの目線でのアドバイスはプラスに働きます。

精神科の求人情報

【No.1】精神科の求人例

勤務地広島県
年収・給料2000万円
勤務形態常勤
勤務内容病棟管理

【No.2】精神科の求人例

勤務地北海道
年収・給料2000万円~3000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟、ほか付随する業務

※精神科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

精神科への転職の評判

40代前半の男性医師の口コミ

転職前は、病院で部長として勤務して3年目でした。場所は都心部にありましたが、実家の近くの職場に行きたいと思い、転職を考え始めました。あと、上級医師が3年間一緒に仕事をしている私の名前を覚えていなかった時は、さすがに転職することを決断しました。同じ病院に務めるチームとして信じられませんでした。転職エージェントに登録してコンサルタントに色々事情を説明したら、職場の候補を沢山出してくれました。面接に通ってすぐに転職しました。前職の退職手続きに関してもアドバイスをもらえたので、とてもスムーズで満足しています。

実家が地方にあることもあり、多分求人の母数自体は都心と比較したらかなり低い地域だと思います。転職エージェントに登録したのも、この地域で求人が見つかるか不安だったというのが主な理由でした。転職前の上級医師との関係がこじれていたこともあって、退職の仕方に関してすごく悩んでいましたが、そこに関してもコンサルタントがしっかりとアドバイスをくれたおかげで、円満にやめることができました。転職をトータルでサポートしてくれたので、頼れる存在でした。

精神科への転職に良いサイトランキング

精神科への転職は下記のサイトがおすすめです!

精神科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。精神科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診