転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 産婦人科への転職

産婦人科への転職

産婦人科への転職体験談や求人市場に関して説明しています!

産科と婦人科の二つの領域の診療や治療を行う診療科目である産婦人科への転職情報や実際の医師による体験談、求人の事例などを説明しているので、ご覧ください。

産婦人科の求人数は多く、特に女性医師のニーズが高い科目ですが、年収は2000万円以上の求人が多く、好条件での転職が期待できます。

産婦人科の医師の構成

産婦人科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
産婦人科62503.361.538.543.5

産婦人科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
産婦人科41624.180.519.560.4

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

産婦人科の医師構成の傾向

産婦人科の医師の人数は病院とクリニックどちらにおいてもやや高い値となっています。病院においては、全体の3.3%にあたる6250人、診療所においては全体の4.1%である4162人が産婦人科の医師として勤務しています。

仕事の特性上女性の比率が高いという特徴があり、特に病院では4割近くが女性医師です。平均年齢はおおむね医師全体と同程度です。

産婦人科への転職情報

産婦人科への転職の内情を解説します!

産婦人科の求人は非常に数が多く、常勤・非常勤など勤務形態を問わず求人を探すことができます。また、都市部はもちろん地方にも多くの産婦人科の求人があります。給料は、他の全科目と比較して非常に高い水準にあり、年収で2000万円を超える求人がとても多くなっています。また、女性の医師を希望する患者さんが多いこともあり、女性医師のニーズが高い診療科目です。総合病院や専門病院などで患者さんの受け入れ態勢などに違いがあるため面接などの際に細かく話を聞いておく必要があります。

産婦人科への転職の際には転職エージェントを利用するとスムーズです。特に女性医師であれば、女性が働きやすい環境が整っているかなど職場の内情を押さえる必要があるので、プロのコンサルタントに任せて求人の絞り込みをすると安心です。

産婦人科の求人情報

【No.1】産婦人科の求人例

勤務地長野県
年収・給料1500万円~2200万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、分娩

【No.2】産婦人科の求人例

勤務地愛知県
年収・給料2000万円~3000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、 病棟管理、分娩、手術、各種専門検査

※産婦人科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

産婦人科への転職の評判

50代前半の男性医師の口コミ

長い間、産業医で勤務して着ましたが特に給料に関して不満に思っていました。人手不足による忙しさで、時間外の拘束は当たり前、その環境下でしっかりと仕事を遂行してきたのに、給料という形で評価をもらえませんでした。転職エージェントに登録して、コンサルタントに伝えたは、正当な給与評価をしてくれる職場に転職したいということでした。コンサルタントは私の置かれる状況をしっかりと聞いてくださり、適した転職先3つほどを案内してくれました。その中で、産婦人科の専門病院として待遇の良かったところがあったので転職を決めました。

年収に関しては、コンサルタントにヒアリングの際に伝えていた基準である年収2000万円を超えてとても満足しています。それに加えて、時間外労働が減ったことや休日がしっかり休めるようになったこと、あとは職場の雰囲気が良かったことなど、転職して前職より改善されたことは本当に多くありました。一人の医師に対してしっかりと向き合って要望を聞き入れて、それにこたえる形で求人の紹介やその他転職に関するもろもろのサポートをしてくれたので、転職エージェントのサービスには満足しています。

産婦人科への転職に良いサイトランキング

産婦人科への転職は下記のサイトがおすすめです!

産婦人科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。産婦人科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診