転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 老人内科への転職

老人内科への転職

老人内科への転職体験談、求人・年収の事例をご紹介しています!

老人に対して診療を行う老人内科への転職をお考えの医師の方に対して、転職体験談や求人の例の転職情報を提供しています。是非、参考にしてください。

療養型病院や老健などから多くの求人が出ているため、常勤・非常勤問わずに全国で求人が見つけられ、転職も容易にできます。

老人内科の医師の構成

老人内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
老人内科-----

老人内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
老人内科-----

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

老人内科の医師構成の傾向

老人内科の医師数や男女比率、医師の平均年齢などに関するデータは取れていません。

老人内科への転職情報

老人内科への転職の内情を解説します!

療養型の病院や老人保健施設などをはじめとして様々な医療機関からニーズが増えている診療科目です。その背景にあるのは少子高齢化なので、今後も求人数は増えていくことが予想されます。都市部だけでなく地方にも常勤・非常勤の求人が出ており、それぞれの希望に沿った形での就業が可能になる点も魅力です。年収こそ他の診療科目よりやや劣るものの、肉体的・精神的なストレスが少ないことから無理なく仕事をすることができるため、医師として第一線を退いた後の転職場所として特に人気の科目です。

幅広い勤務条件の求人から転職先を絞り込むことになるため、転職エージェントのコンサルタントの支援を受けると良いでしょう。職場の人間関係や労働環境など求人情報誌の文字からでは判断できないような情報を元に転職先を絞り込むことができます。

老人内科の求人情報

【No.1】老人内科の求人例

勤務地北海道
年収・給料2000万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、訪問診療、各種専門検査

【No.2】老人内科の求人例

勤務地山形県
年収・給料1000万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

※老人内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

老人内科への転職の評判

60代前半の男性医師の口コミ

急性期の病院で20年以上医師として勤務してきましたが、定年を機に家からすぐ行ける場所に転職をしたいと考えて、転職エージェントに登録しました。老人保健施設の選択肢もあったのですが、医療範囲が限られてしまうので、療養型の病院で求人を探してほしいとコンサルタントに伝えました。紹介してもらった療養型の病院は、駅から徒歩圏内でアクセスは非常に良かったです。実際に面談の日程も組んでもらい、面談をしました。その病院の院長の方はとても気さくで印象の良い方だったので、転職をしました。

実際には、職場のアクセスの良さの他にも、年収が1300万円以上なこと、身体的な負担が少ないことをはじめとして色んな要望を、ヒアリングの際にコンサルタントに伝えました。それぞれの意見にちゃんと耳を傾けてくれ、それを満たす求人を紹介してくれたので良かったです。あと、以前の職場では殺伐とした雰囲気がありましたが、現在はあったかい雰囲気で仕事ができていて、定年を機に歳に合った職場を見つけることができて本当に良かったと思っています。

老人内科への転職に良いサイトランキング

老人内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

老人内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。老人内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科