転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > リハビリテーション科への転職

リハビリテーション科への転職

リハビリテーション科の求人例や転職関連情報を提供しています!

運動や精神の機能の回復を目的とした診療科であるリハビリテーション科について、医師の求人事例や転職体験談などを説明しているので、参考にしてください。

回復期リハビリテーションが新設されることが多く、それに伴って求人も増えているため、転職自体は専門性がなくてもできる可能性ある科目です。

リハビリテーション科の医師の構成

リハビリテーション科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
リハビリテーション科19321.078.821.251.9

リハビリテーション科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
リハビリテーション科1580.274.725.358.3

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

リハビリテーション科の医師構成の傾向

リハビリテーション科の医師の数は、他の診療科目と比較するとやや少なくなっています。病院において、医師の全体の人数の内のリハビリテーション科の割合は1%で、診療所においては、これより大幅に少ない割合となっています。

リハビリテーション科では、女性医師の割合が高く、病院・クリニックどちらも2割を超えています。平均年齢は病院において特に高く、全体より8歳高いというデータが出ています。

リハビリテーション科への転職情報

リハビリテーション科への転職の内情を解説します!

必要医師数と現員医師数の間に開きがあるため、常勤はもちろん非常勤でも多くの求人が出ています。場所に関しても、基本的に全国で求人があり、増加傾向です。この背景として考えられるのが、回復期リハビリテーションが新しく設けられることが増えているということです。年収は1300万円~1800万円あたりが妥当で、関東や東北などではやや高い傾向があります。リハビリテーション科での経験がなくとも、脳神経外科や整形外科の専門知識を持っていれば転職がしやすくなります。当直がない医療機関が多いので、自分の時間を持ちたいという方にはオススメできる診療科目の一つです。

リハビリテーション科の求人は、施設の新設に伴う求人増加で日々好条件の求人が更新されます。これらの最新情報をキャッチするためにも転職エージェントを活用しましょう。コンサルタントに希望を伝えておくことでそれを満たした求人のみを紹介してもらえます。

リハビリテーション科の求人情報

【No.1】リハビリテーション科の求人例

勤務地石川県
年収・給料1000万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、健診

【No.2】リハビリテーション科の求人例

勤務地群馬県
年収・給料1100万円~2200万円
勤務形態常勤
勤務内容リハビリ管理を中心に、外来診療、病棟管理、各種専門検査

※リハビリテーション科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

リハビリテーション科への転職の評判

20代後半の女性医師の口コミ

転職ではなく、スポット求人を探すために医師転職サイトに登録しました。エージェントの方とお話を聞いた結果、リハビリテーション科への転職も考えるようになりました。過去に研修の際にリハビリ後の患者さんにとても感謝されたことを覚えており、それがこの科目の仕事をしたいと思った理由でした。なので、現職に不満があるわけではなく、とにかく希望の科目に行ければという考えでした。3件ほどコンサルタントから紹介をもらい、すべて面接と見学を行って、一番自分の考えに共感してくれた病院に転職しました。感謝しています。

元々は、過去に感謝された経験が合ったのを思い出して、もう一回くらいスポットでリハビリテーションに携われたらな、ぐらいの気持ちで登録したので、コンサルタントの方に転職も視野に入れてみるようにアドバイスをもらった時は結構悩みました。転職前の専門科目に特別な思い入れがあるわけでもなかったので、結果的には転職して鵜やりたいことに全力で取り組んだんですが、今思えば本当に良かったです。コンサルタントも自分のキャリアを真剣に考えてくれたので本当にありがたいです。

リハビリテーション科への転職に良いサイトランキング

リハビリテーション科への転職は下記のサイトがおすすめです!

リハビリテーション科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。リハビリテーション科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診