転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 乳腺外科への転職

乳腺外科への転職

乳腺外科への転職事情、求人例を記載しています!

しこりや痛みなど乳房の症状を総合的に診療・治療する診療科である乳腺外科への転職事情や医師求人の事例を下記に記載していますので、是非ご覧ください。

乳腺外科の求人は、専門の科として持っている病院や人間ドックなどから出ており、年収に関して条件の良いものが多くなっています。

乳腺外科の医師の構成

乳腺外科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
乳腺外科12080.666.034.044.6

乳腺外科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
乳腺外科2580.378.321.753.5

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

乳腺外科の医師構成の傾向

乳腺外科を専門として勤務している医師の数はあまり多くありません。病院においては20万人近くいる医師の中で乳腺外科の医師として勤務している人は1000人ちょっと、クリニックでも10万人近くいる医師の中で300人弱となっています。

仕事の特性上、女性の医師が多いのが特徴です。病院の医師では女性医師の割合は2割程度しかありませんが、乳腺外科では3割を超えています。年齢に関しては全体と同水準です。

乳腺外科への転職情報

乳腺外科への転職の内情を解説します!

近年、乳腺外科の医師のニーズが高まっており、常勤・非常勤共に必要医師数に現員医師数が達していません。そのため、勤務形態に限らず都心から地方まで幅広く求人があります。また、年収も好条件のものが多く、1600万円~1800万円程度が相場となっています。そういった求人の多くは、乳腺炎の診断や乳がんの予防を専門科として持つ病院です。人間ドックなどの比較的時間拘束の緩い環境からの求人も出ているので、時間にゆとりを持ちたい方にはおすすめです。また、マンモグラフィーの読影認定医師は特に転職に有利です。

求人自体は多くなっている分、自分の希望をある程度持っていないと求人を絞り込むことはできません。転職エージェントのコンサルタントは、現職の不満の洗い出しからサポートしてくれるので、転職が初めてという方は特に活用したいところです。

乳腺外科の求人情報

【No.1】乳腺外科の求人例

勤務地静岡県
年収・給料1300万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、手術

【No.2】乳腺外科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1500万円~2400万円
勤務形態常勤
勤務内容乳腺としての外来・手術

※乳腺外科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

乳腺外科への転職の評判

30代後半の女性医師の口コミ

転職前は、医局員として乳腺外科の関係の病院で仕事をしていましたが、家族の問題で転職しなければいけなくなりサイトに登録しました。希望としては、急性期で手術などの体制がしっかり整った環境に転職したいというものがあったので、コンサルタントの方との面談の際にそういう風に言いました。コンサルタントの方に紹介してもらったのは乳性外科が独立している病院で、年収や家からの近さなど自分の要望を満たすものでした。見学もさせてもらったのですが、職場環境もよかったので、転職することにしました。

最初から最後まで徹底的にサポートしてくれたので本当に助かりました。思い返せば、登録後のコンサルタントとの面談、それを元にした求人の紹介、選考書類の作成、面接の日程調整、面接のアドバイス、労働条件の交渉、入職書類の作成、入職後のサポートなど転職において発生する面倒な工程をすべてやってくれました。そのおかげで私は自分に合った職場を探すという転職の際に一番注力すべきところにしっかり時間をかけることができました。

乳腺外科への転職に良いサイトランキング

乳腺外科への転職は下記のサイトがおすすめです!

乳腺外科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。乳腺外科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

外科一般外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 形成外科 美容外科