転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 一般内科への転職

一般内科への転職

一般内科の求人や転職に関しての説明をしています!

当ページでは、身体の総合的な診療科である一般内科への転職をお考えの方向けの情報を記載しています。一般内科への転職に関しての専門的な内容となっていますので是非、ご覧ください。

一般内科では、必要医師数が現員医師数を大幅に上回っており、求人が多く出ているため、高年収で労働環境の良い職場への転職が実現できます。

一般内科の医師の構成

一般内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
一般内科2208511.781.418.651.4

一般内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
一般内科3909238.986.513.560.0

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

一般内科の医師構成の傾向

一般内科は、全ての科目の中で最もメジャーだと言えます。医師総数との割合を見ると、病院でも1割超、診療所に至っては100544人の医師の中で39092人、つまり4割近くが一般内科の医師であることがわかります。

医師は男性の方が多いですが、一般内科ではその傾向が平均よりも高くなっています。平均年齢に関しても、特に病院では7歳以上高い値となっています。

一般内科への転職情報

一般内科への転職の内情を解説します!

一般内科は人数が多いこともあって、求人自体は非常に多くあります。実際に、現員医師数と必要医師数を比較しても、常勤で4万人近く、非常勤で3万人近く必要医師数が上回っています。ですので、常勤や非常勤、年収や勤務地、労働環境など自身の希望に沿った医師求人を見つけることは他の科目と比較すると容易です。病院・クリニックによって労働条件は大幅に異なるので、逆に自分の希望を明確にしないまま転職活動を始めてしまうと、本当に満足できる転職はできません。ちなみに、年収の水準は東北地方が特に高いという傾向があります。

転職サイトを利用すると、転職のプロであるコンサルタントが第三者の客観的な目線から、現状の不満の洗い出し、不満を解消できる求人の紹介、求人の絞り込みなどをサポートしてくれるので、一般内科への転職をお考えの医師の方は、是非利用したいところです。

一般内科の求人情報

【No.1】一般内科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1800万円~2200万円
勤務形態常勤
勤務内容訪問診療

【No.2】一般内科の求人例

勤務地神奈川県
年収・給料1500万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・訪問診療

※一般内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

一般内科への転職の評判

40代前半の男性医師の口コミ

転職のきっかけは、奥さんの出産でした。それま病院の一般内科で勤務していましたが、奥さんの実家の付近に移ることになったので、その近くで一般内科の転職先を探しました。転職エージェントを利用して良い条件の求人を紹介してもらいましたが、勤務日数に関して不満がありました。自分は週5日を希望していましたが、病院側は週5.5日を提示していました。しかし、コンサルタントに相談したところ、病院側と条件面の交渉をしてくれ、自分の希望通りの日数で現在は仕事をしています。

夫婦どちらかの実家に戻りたいという理由で転職を考えている方も多いと思います。特に地方での求人を探す際に求人の母数が少ない場合は転職エージェントをうまく活用するのが良いと思います。大規模な会社になると全国十数か所に支店を展開して転職支援サービスを行っていて、地域に根付いたサポートを受けられるので、地方への転職も安心です。あと病院側との条件交渉では勤務日数が4.5日に減ったので助かりました。言い出しづらいことを第三者目線から伝えてくれるのでとても頼りになります。

一般内科への転職に良いサイトランキング

一般内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

一般内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。一般内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科