転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 内分泌内科への転職

内分泌内科への転職

内分泌内の求人例や転職体験談を記載しています!

内分分泌の機能に関して総合的な診療や治療を行う診療科である内分泌科の医師転職事情や求人情報などに関して詳しく解説しています。

内分泌内科は最近になって求人数が増えており、常勤・非常勤、都心・地方など自分の要望に沿った形態での転職が可能となっています。

内分泌内科の医師の構成

内分泌内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
内分泌内科-----

内分泌内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
内分泌内科-----

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

内分泌内科の医師構成の傾向

内分泌内科の医師数や男女比率、医師の平均年齢などに関するデータは取れていません。

内分泌内科への転職情報

内分泌内科への転職の内情を解説します!

内分泌内科の領域は年々ニーズが高まってきており、都市部はもちろん地方部でも多くの病院やクリニックから常勤・非常勤の求人が出ています。急性期であれば手術が必要な合併症の患者へのコンサルティング、慢性期であれば専門外来や病棟管理としての能力が求められます。転職をするのであれば、内分分泌や糖尿病、リウマチの認定資格を持っていると、より好条件の求人を見つけることができます。もちろん地域や条件によってばらつきはありますが、年収は1200万円~2000万円程度が相場だと言えます。

内分泌科への転職をお考えなのであれば、転職エージェントをご利用になることをおすすめします。年々求人が多くなっている科目ではありますが、より好条件の転職をお考えなのであれば、転職エージェントに登録して非公開求人にも目を通しておきたいおころです。

内分泌内科の求人情報

【No.1】内分泌内科の求人例

勤務地兵庫県
年収・給料1200万円~1600万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】内分泌内科の求人例

勤務地福島県
年収・給料2000万円~3000万円
勤務形態常勤
勤務内容専門外来、病棟管理

※内分泌内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

内分泌内科への転職の評判

40代後半の男性医師の口コミ

糖尿病の専門医を取得して病院で仕事をしていたのですが、その病院では内科医が少なかったため、自分も一般内科としての診療がメインとなっていました。今後のキャリア形成や自分の希望を考えると、転職をするのがベストな選択だと感じて、転職エージェントに登録しました。コンサルタントに一件紹介されたのはケアミックス病院の求人で、糖尿病患者のコンサルティングがメインの仕事になるというお話だったので興味を持って見学と面談をさせていただきました。実際に行ってみると転職後のイメージも沸いたので、すぐに転職を決意しました。

専門科目がニッチな領域がために一般内科を兼任して、一般内科がメインになってしまう医師は多いと思います。もし専門としている科目の専門性やスキルをより一層磨きたいのであればこのような状況はあまりよくないと思います。今後のキャリアを考えていく上でスキルを付けていきたいのであれば、自分の専門領域の仕事をさせてくれる医療機関に行けば良いだけです。コンサルタントに伝えれば多くの場合で、希望の求人が見つかるので一度試してみるといいと思います。

内分泌内科への転職に良いサイトランキング

内分泌内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

内分泌内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。内分泌内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科