転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 麻酔科への転職

麻酔科への転職

麻酔科への転職体験談や求人例のご紹介をしています!

麻酔科に転職をお考えの医師の方に対して、転職体験談や麻酔科の求人市場の情報提供をしていますので、是非参考にして理想的な転職活動を送ってください。

スキルの高さが求められる麻酔科の転職ですが、手術経験やICU管理などで優れた専門性を持っていれば好条件、高年収の求人が多くあります。

麻酔科の医師の構成

麻酔科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
麻酔科75674.062.937.142.2

麻酔科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
麻酔科5730.674.725.354.2

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

麻酔科の医師構成の傾向

麻酔科の医師数は、病院においては多く、診療所においては数が少なくなっています。病院では全体で18万人いる医師の中で4%にあたる人が麻酔科の医師として勤務しています。診療所にでは10万人いる医師のうち、0.6%ほどしか麻酔科の医師はいません。

麻酔科の医師は女性比率が高いという特徴があります。全体と比較して7~8%ほど女性が多いというデータが出ています。尚、平均年齢に関しては全体とほとんど変わらない値です。

麻酔科への転職情報

麻酔科への転職の内情を解説します!

麻酔医師の求人は、昔はオンコールや当直など身体的・精神的に負荷のかかるものが多かったのですが、最近ではQOLを重視する傾向が出てきています。手術麻酔やICU管理などの分野に専門性を持っていると転職しやすいと言えます。逆に麻酔医の転職はある程度の経験がないと厳しく、手術の実績などが面接などの際に問われます。常勤も非常勤も医師の数が少なく、求人自体は出ていますが、上記の事を押さえた上で転職活動を送る必要があります。年収は1400万円~1700万円が平均のラインです。

転職をお考えの方は転職エージェントを利用しましょう。麻酔医では自身のスキルに応じた求人の絞り込みが必要となるため、他の科目と比較すると手間がかかります。転職のプロを上手く活用することで将来を踏まえた上での戦略的な転職活動を送れます。

麻酔科の求人情報

【No.1】麻酔科の求人例

勤務地栃木県
年収・給料1500万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容手術の麻酔管理

【No.2】麻酔科の求人例

勤務地鹿児島
年収・給料1500万円~
勤務形態常勤
勤務内容手術の麻酔管理、外来

※麻酔科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

麻酔科への転職の評判

30代前半の女性医師の口コミ

転職前は、地方の大学医局に籍を置いていましたが、上級医師との意見の食い違いや給料など待遇の悪さから転職を考えるようになり、転職エージェントに登録しました。あと、手術麻酔のほかに外来をやりたい思いもあったので、それらを含めてコンサルタントに伝えました。提案いただいた求人の中でいくつか気になった求人の面接をしました。急性期の病院で、外来も持て、オンコールがないという点が魅力でした。面接の後は見学もさせてもらって職場環境も確認しました。年収の交渉もしてくれ、条件として申し分なかったので転職を決意しました。

給料に関してはかなり改善しました、元々年収にして1000万年程度だったんですが、労働量からするとそれでは全然満足できませんでした。時間外労働当たり前ですし、土日や休日もほとんど休めませんでした。転職後はオンコールもがなくなったこともあって、しっかり休むことができるようになって労働環境が改善した上に年収も100万円ぐらい上がりました。希望を満たした上でその他の面でも不満が全くなかったので、転職して本当に良かったと思っています。

麻酔科への転職に良いサイトランキング

麻酔科への転職は下記のサイトがおすすめです!

麻酔科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。麻酔科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診