転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 救急救命科への転職

救急救命科への転職

救急救命科の転職事情、求人市場を解説しています!

緊急の外傷や中毒、疾患などの治療を施す診療科である救急救命科へ転職を考えている医師の方に対して、求人市場の動向など役立つ情報を記載しています。

脳神経外科や麻酔科などから多くの求人が出ており、常勤や非常勤、都市部や地方など問わずに転職先を探すことが可能です。

救急救命科の医師の構成

救急救命科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
救急救命科25761.488.511.540.5

救急救命科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
救急救命科240.087.512.542.0

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

救急救命科の医師構成の傾向

医師の中で、救急救命科で勤務している方は多くありません。病院においては2500人以上の救急救命科の医師がいますが、これは全体からみると1.4%に過ぎません。診療所においては全体で10万人いる医師のうち救急救命科の医師は24人しかいません。

救急救命科では、身体的に負担のかかる場合が多いため、男女比率では男性が9割近くに及び、年齢に関しても医師全体の平均年齢と比較して若い医師が多いという特徴があります。

救急救命科への転職情報

救急救命科への転職の内情を解説します!

救急救命科では、現員医師数と必要医師数の間に開きがあるため多くの求人が出ています。脳神経外科をはじめとするその他の外科の診療科目や麻酔科などの求人が多く、産婦人科の求人も増えてきています。場所に関しては都市部を中心に全国で募集しており、常勤・非常勤などの勤務形態も選べ、比較的自分の要望に合った条件での転職が可能になります。年収に関しては勤務条件によって700万円~2500万円と大幅に開きがありますが、相場は1500万円~1800万円当たりです。特に関東地域では給料が高い傾向があります。

転職をお考えの方は転職エージェントを利用しましょう。麻酔医では自身のスキルに応じた求人の絞り込みが必要となるため、他の科目と比較すると手間がかかります。転職のプロを上手く活用することで将来を踏まえた上での戦略的な転職活動を送れます。

救急救命科の求人情報

【No.1】救急救命科の求人例

勤務地岡山県
年収・給料1200万円~2200万円
勤務形態常勤
勤務内容救急対応

【No.2】救急救命科の求人例

勤務地福岡県
年収・給料1100万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟、救急対応

※救急救命科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

救急救命科への転職の評判

救急救命科への転職の口コミに関するデータは取れていません。

救急救命科への転職に良いサイトランキング

救急救命科への転職は下記のサイトがおすすめです!

救急救命科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。救急救命科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診