転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 呼吸器内科への転職

呼吸器内科への転職

呼吸器内科の求人例や転職事情に関して説明しています!

ここでは、肺や気管、気管支などの健診・治療を行う科目である呼吸器内科に関して、求人の例や転職体験談など、転職をされる方に有益な情報を提供しています。

呼吸器内科は求人が多いですが、療養型病院に行きたいか、急性期の病院に行きたいかなどの希望を絞っておくと、よりスムーズな転職が可能になります。

呼吸器内科の医師の構成

呼吸器内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
呼吸器内科48252.680.419.642.2

呼吸器内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
呼吸器内科5120.584.815.255.3

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

呼吸器内科の医師構成の傾向

呼吸器内科の医師数は、病院においてはやや少なく、全体の2.6%の5000人弱となっています。また、診療所に関してはさらにこの傾向が強くなり、全体の0.5%、つまり500人程度しか呼吸器内科の医師数はいません。

医師の男女比率は病院においてはほぼ全体と同水準、診療所においてはやや男性比率が高いという結果になっています。平均年齢に関しては平均値よりやや低い値となっています。

呼吸器内科への転職情報

呼吸器内科への転職の内情を解説します!

呼吸器内科は求人数が多く、消化器内科や循環器内科などの次に多くなっています。特に常勤の医師数が少ないため、求められています。また、療養型の病院では特に求められている一方で、地方の病院では経験豊富な医師が求められること、急性期の病院ではあまり求人が多くないことなど、パターンによって転職のしやすさは大幅に開きがあります。基本的に全国に呼吸器内科の求人がありますが、特に東京や大阪、福岡などの都市部での求人が多く、転職の機会に恵まれていると言えます。

ご自身のお持ちのスキルや希望によってキャリア形成の仕方が変わってくるので、それぞれに合ったアドバイスがもらえるように転職エージェントを利用すると良いでしょう。医師の転職市場に精通したコンサルタントが最適な転職プランを提案してくれます。

呼吸器内科の求人情報

【No.1】呼吸器内科の求人例

勤務地神奈川県
年収・給料1300万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】呼吸器内科の求人例

勤務地福島県
年収・給料1600万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟、ほか付随する業務

※呼吸器内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

呼吸器内科への転職の評判

30代後半の男性医師の口コミ

前まで仕事をしていた病院は、一番若手で上級医師との連携がうまく取れずに、自分が望んでいるような仕事ができず、もっと自分の考え方で医療に携わりたいと考えて転職を決めました。将来のキャリアプランもある程度明確に描けていましたが、それを達成するための求人があるかが不安でした。転職エージェントにいざ登録してみると、専任のコンサルタントが非公開求人から自分の希望を満たした求人を紹介してくれたので、スムーズに転職に踏み切れました。コンサルタントが交渉してくれたこともあり、前より高年収で楽しく働いています。

人間関係のこじれは本当につらいと思います。コンサルタントに聞いた情報だと、上級医師との連携が取れなくて転職をする人は全体の10%くらいはいるそうです。自分より先輩の医師にやめろって言うわけにもいかないので、こういう時は転職してしまうのが一番良い手段だと思います。人間関係とかの文字で表現できないような内部情報でもコンサルタントは包み隠すことなくすべて明かしてくれるので、転職後に失敗したと思うことは少なくなると思います。

呼吸器内科への転職に良いサイトランキング

呼吸器内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

呼吸器内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。呼吸器内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科