転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 呼吸器外科への転職

呼吸器外科への転職

呼吸器外科への転職体験談や求人市場に関して説明しています!

肺気管支をはじめとする呼吸器の疾患の治療を手掛ける診療科である呼吸器外科の求人情報や求人例、転職事業・体験談などを紹介しているので、参考にしてください。

呼吸器外科は転職時には高い専門性が必要となる科目の一つですが、現員医師数が少ないため比較的簡単に転職することができます。

呼吸器外科の医師の構成

呼吸器外科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
呼吸器外科16360.993.66.443.8

呼吸器外科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
呼吸器外科190.089.510.555.3

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

呼吸器外科の医師構成の傾向

呼吸器外科は非常にマイナーな領域で、医師数もそこまで多くありません。病院おいては全体の医師の1%弱にあたる1636人しかおらず、診療所で働いている呼吸器外科はわずか19人の医師しかいません。

また、男性の比率が多い傾向があり、全体の医師の中で9割程度が男性医師です。平均年齢は全科目の平均よりやや低い数値となっています。

呼吸器外科への転職情報

呼吸器外科への転職の内情を解説します!

呼吸器外科の医師求人は数が限られており、転職する際には高い専門スキルが求められます。数は少ないとは言えど、呼吸器外科として必要とされている人数に対して現員の医師数が10%以上足りていないため、ニーズ自体はもちろんあります。主に大都市にある規模が大きい病院、新規で呼吸器外科をつくる病院などでの求人がメインとなっています。また、高い技術が求められる分、その他の診療科よりも年収が高い傾向があり、1800万円~2000万円程度が相場だと言えます。

呼吸器外科への転職は一見難しいように感じられますが、転職エージェントに登録すれば、好条件の非公開求人を紹介してくれますし、選考に関してもコンサルタントからプロの視点でアドバイスをもらえるので安心して転職活動を送ることができます。

呼吸器外科の求人情報

【No.1】呼吸器外科の求人例

勤務地長野県
年収・給料1200万円~2300万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、手術

【No.2】呼吸器外科の求人例

勤務地静岡県
年収・給料1700万円~2500万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査や手術

※呼吸器外科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

呼吸器外科への転職の評判

40代後半の男性医師の口コミ

大規模な病院で300床以上ないと専門の呼吸器外科医師は常勤し無い場合が多いというのは承知の上でしたが、常勤での求人を希望していました。また、年収は1800万円~2000万円程度、一般外科としての勤務の有ってもOK、週5日勤務、当直は週1~2程度などと多くの条件をコンサルタントに言いました。厳しそうだと思っていましたが、何回か提案をいただいた中で気になる案件があったので詳しく聞いてみることにしました。家からも近く、呼吸器外科を専門に扱える、年数1800万円という条件だったので、面談をした後に転職をしました。

私のように転職する上で多くの希望がある人は、求人情報誌を見ても転職先を見つけるのは難しいと思います。しかも、私の場合は年収などの条件をかなり高く提示していたので、そういう場合にはなおさら求人を見つけづらいです。年収や場所、労働条件などに多く希望があるなら、私のようにその希望を全てコンサルタントに伝えておいて良い紹介を得られたら転職を考えるというフローが一番効率が良いし、後悔しない転職ができると思います。

呼吸器外科への転職に良いサイトランキング

呼吸器外科への転職は下記のサイトがおすすめです!

呼吸器外科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。呼吸器外科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

外科一般外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 形成外科 美容外科