転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 血液内科への転職

血液内科への転職

血液内科への転職をお考えの医師向けの情報を掲載しています!

貧血や血小板の異常など血液の病気の診療や治療をする血液内科への転職事情や体験談、求人例に関して解説していますので、転職をお考えの医師の方は是非ご覧ください。

血液内科の転職は、この分野を専門的に扱うか、一般内科も兼任するかで2つのキャリアパターンがあるので、慎重に考えましょう。

血液内科の医師の構成

血液内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
血液内科23341.278.621.442.3

血液内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
血液内科190.063.236.851.1

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

血液内科の医師構成の傾向

病院の血液内科の医師の人数は全体の2.1%の4000人弱とやや低い値となっています。診療所に関しては、全体で10万人以上いる医師のうちわずか0.4%の410人しかおらず、その多くが病院勤務であることがわかります。

また、病院と診療所どちらも全国と比較してやや女性医師の比率が高くなっています。平均年齢は、ほぼ全国平均と同水準です。

血液内科への転職情報

血液内科への転職の内情を解説します!

血液内科は、全体の科目の中でも求人数が少ないという特徴があります。そのため、地方の病院の求人や非常勤の求人は少なく、都心部の常勤の求人が中心となっています。転職時には、血液内科を専門的に扱いたいか、一般内科も一緒にやるかの2つの選択肢があるので、意志を明確にしておく必要があります。求人数が少ない一方で、キャリア形成がしやすいという特徴もあるので、現在の職場に少しでも不満があるのであれば、一度転職を考える価値はあります。場合によっては、血液内科の新設に携われることもあります。

血液内科の求人数は少なく条件も限られるためWeb上に公開されている求人だけでは、自分の希望に沿った求人が見つかる可能性は高くありません。転職エージェントの求人は8割以上が登録してから見れる非公開求人なので、登録して利用することをおすすめします。

血液内科の求人情報

【No.1】血液内科の求人例

勤務地兵庫県
年収・給料1500万円~2100万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・病棟管理等

【No.2】血液内科の求人例

勤務地群馬県
年収・給料1500万~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査、訪問診療

※血液内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

血液内科への転職の評判

30代半ばの男性医師の口コミ

病院で医師として仕事している傍ら、大学院にも行っていました。その頃は臨床をやりたいと思って、転職エージェントに登録しました。自分の希望としては、一般内科も兼任するような病院ではなく、血液内科として専門的な医療サービスをしたいと考えているとコンサルタントに伝えました。求人の母数も少ない中難しいとは思いましたが、専門的な医療を行うのに十分な設備が整っている病院の求人を一件紹介していただきました。面接をすると、もう一人ベテランの先生もいらっしゃるということでキャリア形成にピッタリだと思って転職をしました。

血液内科の専門となるとかなり求人の数は減ると思います。求人数が少ない科目への転職はある程度長期的に考えていた方が良いと思います。私は転職エージェントは、いつか良い求人がくるかな~くらいの軽い気持ちで登録して、情報収集のために使ってました。そしたら数か月後に自分の希望に完璧に沿ったものに出会えたので転職をしたんです。血液内科に限らず、個人個人の要望によっては求人の母数自体が少なくなってしまうことがあると思いますが、その際には是非情報収集用に使ってみてください。

血液内科への転職に良いサイトランキング

血液内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

血液内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。血液内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科