転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 人間ドック・健診への転職

人間ドック・健診への転職

人間ドック・健診の求人例や転職事情をご紹介しています!

精密機器を用いて自覚症状のない隠れた疾患や身体の異常を診療する診療科目である人間ドック・検診の求人の事例や転職事情に関してご紹介しています。

人間ドック・健診への求人は都心部を中心に全国にありますが、好条件のものは人気が高くてすぐに埋まる可能性があるので情報収集が重要になります。

人間ドック・健診の医師の構成

人間ドック・健診【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
人間ドック・健診-----

人間ドック・健診【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
人間ドック・健診-----

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

人間ドック・健診の医師構成の傾向

人間ドック・健診の医師数や男女比率、医師の平均年齢などに関するデータは取れていません。

人間ドック・健診への転職情報

人間ドック・健診への転職の内情を解説します!

人間ドックや健診の求人は、病院やクリニックはもちろん、健診専門機関、予防医学センターからなど多岐にわたります。常勤や非常勤など勤務形態に関わらず、全国に求人がありますが、首都圏や大都市部では人気の求人がすぐに埋まってしまう可能性があるので、日頃の情報収集が重要になります。問診や読影、内視鏡などに関する専門的な知識を持っていると転職画しやすくなります。また、乳がんをはじめとする女性の健診が普及しており、女性医師も強く求められる分野の一つです。

先述したように、都市部の求人は人気が高いため、転職エージェントを利用しましょう。あらかじめ条件をコンサルタントに伝えておくと、それに沿って好条件の求人を厳選して紹介してくれるので、転職のタイミングを逃すことなくスムーズな転職活動を送れます。

人間ドック・健診の求人情報

【No.1】人間ドック・健診の求人例

勤務地東京都
年収・給料1200万円~1500万円
勤務形態常勤
勤務内容問診、結果説明、読影、各種検査

【No.2】人間ドック・健診の求人例

勤務地岡山県
年収・給料1200万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容問診、結果説明、各種検査の読影

※人間ドック・健診の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

人間ドック・健診への転職の評判

30代半ばの男性医師の口コミ

転職する前は7年程度、東京にある急性期の病院で勤務していました。将来は自分で起業したいと考えていたので、その準備も両立できる職場に転職したいと考えて、医師転職サイトにを利用しました。希望は明確にあって、まず週4日以下の勤務で3日間は連休を取れること、自宅から近いこと、年収は1400万円程度というのをコンサルタントに言いました。難しい条件だとは分かっていましたが、紹介してもらった求人が大体自分の希望通りのものでした。唯一年収が1300万円というが気になりましたが、見学に行った際の雰囲気の良さにも惹かれて転職しました。

自分みたいに起業したいというような特殊なケースの転職には転職サイトの手助けがあると大きいと思います。求人サイトで検索するにしても、今後起業したい人歓迎みたいな表示があるわけないですし、そういう個々に応じた対応をしてくれるのは、やはり人だけです。しかも相手はキャリア形成のプロなので、転職先の事だけでなく、しっかりとその後の事まで考えた上でアドバイスをくれたので助かりました。私のような特殊な問題を抱えている人にはおすすめできます。

人間ドック・健診への転職に良いサイトランキング

人間ドック・健診への転職は下記のサイトがおすすめです!

人間ドック・健診に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。人間ドック・健診への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診