転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 循環器内科への転職

循環器内科への転職

循環器内科の転職事例や求人情報に関して解説しています!

心臓や血圧、血管などに関しての診療・治療を主な業務とする診療科である循環器内科に関して説明しています。転職事情なのに関してもまとめてあるので是非ご覧ください。

循環器内科の転職は、専門病院と総合病院、診療所など様々な機関からの求人が出ていますが、それらの求人は都心部がメインとなっています。

循環器内科の医師の構成

循環器内科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
循環器内科96175.188.611.442.3

循環器内科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
循環器内科19241.992.08.056.6

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

循環器内科の医師構成の傾向

循環器内科の医師数は、病院においては全体医師の5%以上と多い傾向にあります。一方で、診療所においては2000人弱しかおらず、少なくなっています。ここから、循環器内科の医師の多くが病院勤務であることがわかります。

男女比率は、病院では男性が90%弱、診療所では90%超と、男性の比率が全体より高くなっています。平均年齢に関しては、全体よりやや低い年齢となっています。

循環器内科への転職情報

循環器内科への転職の内情を解説します!

循環器内科は求人数はとても多く、常勤・非常勤問わず必要医師数が現員医師数を上回っています。また施設に関しても、専門・総合病院から診療所まで様々です。場所にも左右されることなく求人が見つかりますが、特に東京や神奈川、埼玉、大阪などの大都市、及びその近郊に求人が集まっています。また、それだけ必要とされているので、給料面でも優遇されており、年収では1500万円ほどは期待できます。求人が多く年収も高いので、転職しやすいとはいえ、選択肢が多い分絞り込みの作業に注力する必要があります。

選択肢が多いということは良いことづくめに思えますが、実はそうではありません。自分の職場選びの基準を持って転職活動をしないと最終的に満足いく職場には出会えません。転職エージェントのコンサルタントに相談して、理想的なキャリア形成をしましょう。

循環器内科の求人情報

【No.1】循環器内科の求人例

勤務地千葉県
年収・給料1000万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】循環器内科の求人例

勤務地熊本県
年収・給料1500万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・病棟管理

※循環器内科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

循環器内科への転職の評判

30代半ばの男性医師の口コミ

元々は循環器内科として、心臓カテーテルを中心として診療をしていました。スキルアップのためにしていた仕事だったので3年経ったのを機に、地元の病院に転職できないかと思い転職エージェントに登録しました。循環器内科の心臓カテーテル以外の技術もつけていきたいという希望をコンサルタントに伝えました。専門的な要望にも真摯に対応してくださり、結果的にペースメーカー、循環器疾患など幅広い分野を手掛けられる職場を紹介してれてたので、そのに面接に行き、転職をしました。自分の希望にしっかり聞いてくれたので、とても助かりました。

循環器内科は意外にニーズのある診療科目なので、地方であっても非常に多く見つかります。求人は見つけることよりも実際の転職先を絞る作業が大変なんです。なので、求人が多い科目の場合は、自分の希望をより明確にしておくことが必要だと思います。私が登録したサイトのコンサルタントは、今の自分の考えを整理するサポートをしてくれるので、助かります。今後数年、十数年を見据えたキャリア形成をするのであれば、キャリアのプロの支援は不可欠だと感じました。

循環器内科への転職に良いサイトランキング

循環器内科への転職は下記のサイトがおすすめです!

循環器内科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。循環器内科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

内科一般内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 血液内科 心療内科 内分泌内科 老人内科