転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 婦人科への転職

婦人科への転職

婦人科への転職事情や求人関連情報を解説しています!

女性の病気に関して総合的な診療・治療を行う診療科目である婦人科の求人例や実際の体験談をもとにした転職事情などを解説してるので、是非参考にしてください。

婦人科の転職は、単体での常勤求人はあまり出ていないため、マンモグラフィーをはじめとする他分野でのスキルを持っておくと転職が有利になります。

婦人科の医師の構成

婦人科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
婦人科7960.465.634.450.4

婦人科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
婦人科10441.066.933.161.9

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

婦人科の医師構成の傾向

医師の数が非常に少ないのが特徴です。全体では、病院勤務の医師は188306、診療所の勤務の医師は100544人いますが、その中でそれぞれ0.4%、1.0%しか婦人科の医師はいません。病院お診療所を合計しても2000人弱歯科医師がいません。

女性の病気を治療する科目であるため、医師も女性の割合が通常より大幅に高くなっています。平均年齢は全体より婦人科の方が高い傾向にあります。

婦人科への転職情報

婦人科への転職の内情を解説します!

医師数は少ないものの、必要とされている医師数に現員の医師数が足りていないため、求人は常勤と非常勤共にあります。非常勤の場合は、健診の求人がメインとなり、常勤での転職をする場合は、産科も含めた病院で専門外来として勤務する求人などのパターンが主流です。もしくは、一般内科として仕事をしている中で、新しく婦人科の外来を設ける事例もあります。いずれにせよ、婦人科のみで常勤転職するのはやや難しい傾向にあるので、マンモグラフィーなど他の領域にも専門性を持っておくと転職がしやすくなります。

キャリア形成が難しいこと、求人数が少ないこと、この2つの理由から婦人科への転職には転職エージェントのサポートが有効です。非公開の求人から好条件の求人を見つけてくれる他、キャリアに関するプロからのアドバイスももらえるので有意義な転職活動を送れます。

婦人科の求人情報

【No.1】婦人科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1500万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、採卵・移植、手術

【No.2】婦人科の求人例

勤務地千葉県
年収・給料1500万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、検診

※婦人科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

婦人科への転職の評判

40代半ばの男性医師の口コミ

転職前は、急性期の病院にて婦人科の医師として勤務をして、手術も数多く行ってきました。年収や労働環境に関しては全く不満がなかったのですが、病院のマネジメントと意見の食い違いがありました。経営者は売り上げを考えないといけないのはわかるのですが、その型は過度な売り上げ至上主義でした。医師として医療を軽く考える態度が許せず転職を決意しました。そこでコンサルタントに相談したところ、勤務医の医師も反映してくれ、好条件の求人をいただいたので面談と見学の後に転職しました。必要十分な対応で満足しています。

コンサルタントに教えてもらったのですが、病院のマネジメントの方向性と食い違いがあって転職する人って転職者の2割ぐらいいるらしいです。転職前にそれを聞いて意外に思ったのと同時に、同じ悩みを持っている人がいるんだと思うと方の荷がスッと下りた気がしました。組織の方針って一人の医師が何か言って変わるものでもないですし、やっぱり自分の考え方に合う医療機関に行くのが一番だと思います。医療機関の方針なども、コンサルタントに聞けば大体教えてくれます。

婦人科への転職に良いサイトランキング

婦人科への転職は下記のサイトがおすすめです!

婦人科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。婦人科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診