転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 放射線科への転職

放射線科への転職

放射線科の求人市場のや転職事情を解説していきます!

レントゲンやMRI、CTなどを利用した検査、腫瘍の治療などを手掛ける診療科である放射線科の求人市場の情報や転職の概要を解説していきます。

放射線科への転職では、放射線治療やCTなどの読影のスキルを持っていれば比較的好条件での求人が見つかる場合が多くなっています。

放射線科の医師の構成

放射線科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
放射線科55422.977.322.744.0

放射線科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
放射線科3960.473.526.554.8

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

放射線科の医師構成の傾向

放射線科の医師の数は他のすべての診療科目の医師数の平均より低くなっています。20万人いる病院勤務の医師は全体で20万人近くいますが、そのうち放射線科の医師は6000人弱にとどまります。診療所においても、放射線科の医師は全体の0.4%しかいません。

放射線科の医師は女性の割合がやや高いという特徴があります。また、診療所においては平均年齢が医師全体と比較して4歳ほど低くなっています。

放射線科への転職情報

放射線科への転職の内情を解説します!

常勤・非常勤どちらの求人もありますが、特に多いのは常勤の求人になります。求人を出しているのは規模が大きい病院か健診がメインとなっています。スキルとして、放射線のよる治療や画像の診断、CTやMRIの読影ができると転職が成功しやすくなります。読影の専門性があれば急性期の病院で特にニーズがあります。逆にその領域に関しての専門性がないと厳しいでしょう。年収は1500万円~2000万円は期待でき、特に関東地域や関西地域の都市部の給料が高い傾向があります。

放射線科への転職をお考えの医師の方は転職エージェントに登録することをおすすめします。放射線科では自身のスキルを生かしたキャリア形成が必要になるため、転職のプロのアドバイスを踏まえて転職することで、理想的なキャリアプランが描けます。

放射線科の求人情報

【No.1】放射線科の求人例

勤務地宮崎県
年収・給料800万円~2300万円
勤務形態常勤
勤務内容読影業務など、放射線科の専門診療

【No.2】放射線科の求人例

勤務地長野県
年収・給料1000万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容CT、MRIを中心とした画像検査の読影診断

※放射線科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

放射線科への転職の評判

30代前半の男性医師の口コミ

医局人事で、多くの医師に嫌がられている病院に派遣されて勤務していました。2人で放射線科を回していたのですが、もう一人の方が病気になって退職することになったんです。病気だから仕方ないと、一人で勤務してきましたが、医局が人員を補う気がないと感じ、転職を決意し、サイトに登録しました。コンサルタントに方に大まかな希望を伝えると、すぐに放射線科で希望を満たす求人を教えてくれました。読影の専門を持てて、年収は大きくUP、家からのアクセスが良い、と素晴らしい条件だったので前の職場を辞めて、すぐに転職をしました。

医師は基本的に忙しい職業だというのが共通の理解になっていますが、私はそれはどうかなと思っています。確かに給料はある程度もらえますが、働く医師が大変すぎる状況なのに肝心の病院側が何も対処しようとしていないのであれば、それは病院側に責任があると思っています。もし、転職前の私と同じような境遇の方がいらっしゃったら、迷わずに転職することをおすすめします。これだけ世の中に医療機関があるのですから、今の職場がベストってことはないと思います。

放射線科への転職に良いサイトランキング

放射線科への転職は下記のサイトがおすすめです!

放射線科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。放射線科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診