転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 泌尿器科への転職

泌尿器科への転職

泌尿器科の転職市場や求人情報を記載しています!

腎臓や尿道、男性生殖器などに関する診療を行う診療科目である泌尿器科の転職市場や求人情報に関して解説しています。

泌尿器科の転職では大きい病院での求人が多く、地方への転職は多少苦労する可能性があるので転職エージェントをうまく活用することが求められます。

泌尿器科の医師の構成

泌尿器科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
泌尿器科49742.693.86.244.8

泌尿器科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
泌尿器科17801.898.02.057.9

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

泌尿器科の医師構成の傾向

5000人弱の医師が泌尿器科の診療・治療を行っていますが、この人数は医師全体の2.6%ほどです。また、診療所においてはこの割合はやや落ちて、1.8%にあたる1780人が泌尿器科に勤務しています。

泌尿器科の医師の多くは男性医師です。病院では93%、診療所では98%が男性医師となっています。平均年齢は、医師全体の値とほぼ同水準となっています。

泌尿器科への転職情報

泌尿器科への転職の内情を解説します!

泌尿器科に現在勤務している医師数は、本来必要とされている医師数に達していないので、泌尿器科の求人は常勤・非常勤問わずあります。求人は大規模な病院やクリニックなど様々ですが、その中で多いのはがん治療などを手掛ける大規模病院なので、地方で泌尿器科転職であれば少し苦労する可能性があります。また、泌尿器科を新設する交渉をして、実際に転職するに至った例もあります。泌尿器科に勤務する医師の平均年収は1400万円~1700万円当たりで、特に関東地域や東北地域では年収が高い傾向があります。

透析センターに転職したい場合、地方の病院に転職したい場合などは特に転職エージェントを利用した方が賢明です。泌尿器科の求人の中には、人気ですぐ充足してしまう求人も多いのでコンサルタントに相談して優先的に紹介してもらうようにしておきましょう。

泌尿器科の求人情報

【No.1】泌尿器科の求人例

勤務地香川県
年収・給料1500万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、各種専門検査や手術

【No.2】泌尿器科の求人例

勤務地静岡県
年収・給料1400万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、手術

※泌尿器科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

泌尿器科への転職の評判

40代前半の男性医師の口コミ

泌尿器科の医師として勤務していましたが、その間にもアルバイトの求人を探すために転職エージェントを利用していました。39歳の時に子供が生まれたので、ちょっと落ち着いて勤務するようにしたいと考えて転職エージェントを再度利用しました。コンサルタントに、時間的拘束が少なくて、家から近い求人を探してほしいとお願いしたら、すぐに紹介してくれました。泌尿器科の専門診療枠も持てて、おおむね希望通りの求人だったので面談と職場見学をしました。雰囲気が良かったので、年収が少し下がるのは気にならず、転職しました。

子供が生まれたときに、以前まで勤めていたクリニックの院長に休みをもらうように頼みましたが応じてもらえませんでした。多分泌尿器科に限らず医師は慢性的な人手不足なので、時間に余裕を持たせたいと思っても難しい人が多いと思います。そういったときは思い切って転職してみるのが良いと思っています。今の職場で駄目だとしても、他に求人はいくらでもありますし、泌尿器科に限らず多くの科目で時間に余裕を持てる職場があるので、是非一度考えて見て下さい。

泌尿器科への転職に良いサイトランキング

泌尿器科への転職は下記のサイトがおすすめです!

泌尿器科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。泌尿器科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診