転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 皮膚科への転職

皮膚科への転職

皮膚科の医師求人や転職事情に関して解説しています!

皮膚炎をはじめとする皮膚の病気やトラブルに対して診療や治療を行う診療科である皮膚科の求人情報や転職体験談を解説しているので、参考にしてください。

皮膚科の求人は人気が高くて数も多くあるため、一般病院と美容皮膚科のどちらを希望するかをあらかじめ決めておくとスムーズに転職活動を送れます。

皮膚科の医師の構成

皮膚科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
皮膚科35281.948.851.240.9

皮膚科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
皮膚科51585.160.439.655.8

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

皮膚科の医師構成の傾向

皮膚科医の医師数は、病院においては1.9%の3500人程度とそこまで多くありませんが、診療所においては全体の医師が100544人の内、5%を超える5158人もの皮膚科の医師がいることがわかります。

皮膚科の医師の男女比率は、病院・診療所どちらにおいても全体と比較して女性が多いという特徴があります。尚、年齢に関しては全体よりやや低い傾向があります。

皮膚科への転職情報

皮膚科への転職の内情を解説します!

皮膚科は、人気が高く求人の数も多い診療科です。都心部だけでなく地方にも常勤・非常勤の求人があります。これらの求人を大まかに分けると、一般病院と美容皮膚科にカテゴリー分けすることができますので、どちらに行きたいかを決めていた方がスムーズな転職活動を送ることができます。一般病院では、皮膚炎をはじめとする皮膚に関する病気を診療します。美容皮膚科においては、ピーリングやレーザー施術などがメインとなりますので、これらの技術を保有していると転職時のアピール材料となります。また、関東地域の年主が高い傾向があります。

皮膚科の医師求人は数が多いという説明をしましたが、人気も高い診療科なので、求人倍率も他の診療科と比較すると高い傾向があります。ですので、皮膚科への転職をお考えなのであれば、転職エージェントに登録してコンサルタントのサポートを受けることをおすすめします。

皮膚科の求人情報

【No.1】皮膚科の求人例

勤務地東京都
年収・給料2000万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、各種専門検査

【No.2】皮膚科の求人例

勤務地千葉県
年収・給料2000万円~3000万円
勤務形態常勤
勤務内容脱毛、AGA、多汗症

※皮膚科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

皮膚科への転職の評判

30代後半の男性医師の口コミ

卒後、大学において一般診療をずっとしてきました。それから、美容皮膚科に行きたいと思ってクリニックに転職したのですが、自由診療という形態が肌に合わずに3年もしないうちにやめました。それ以後は非常勤で複数の病院で勤務していました。そこで次はしっかりと転職をしようと転職エージェントに登録しました。症例数やスタッフ体制などの内部情報も考慮にいれて転職をしたいと思っていたので、それをコンサルタントに言ったら、スムーズに情報を提供してくれたので助かりました。3つの施設で面接を受けて、そのうちの一つに転職しました。

美容皮膚科は一人一人に裁量権を持たせてくれるのが魅力に感じていたのですが、自分の判断となると責任が伴うので、思っている以上に精神的に疲れます。それが多分、肌に合わないと感じた理由でした。入職するまでは分からいと言ってしまえばそれまでですが、転職エージェントのコンサルタントはそういう内部の事情なども色々教えてくれるたので、もっと前から使っておけば転職を繰り返さずに済んだと思うと少し後悔しています。転職後にも不満が内科などヒアリングをしてくれたので、その辺はしっかりしているなって思いました。

皮膚科への転職に良いサイトランキング

皮膚科への転職は下記のサイトがおすすめです!

皮膚科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。皮膚科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診