転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 一般外科への転職

一般外科への転職

一般外科の求人情報や転職体験談を解説しています!

内臓疾患都などを手術によって治療を行う診療である一般外科に関して、医師の求人例や転職をした方の体験談をご紹介します。

数多くの求人がある一般外科の転職では、年収や労働環境などに関してある程度自分の要望を整理してから求人の絞り込みを行う必要があります。

一般外科の医師の構成

一般外科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
一般外科123376.693.66.447.4

一般外科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
一般外科37463.797.72.365.3

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

一般外科の医師構成の傾向

一般外科の医師数は、病院においては非常に多くなっており、全体が188306人いる中の6.6%にあたる12337人が一般外科の医師です。クリニックにおいてはもちろん割合は減って3746人の一般外科の医師がいます。

男女比率は大幅に男性医師の割合が多く、病院とクリニックどちらにおいても9割以上が男性となっています。平均の年齢も高いという特徴があります。

一般外科への転職情報

一般外科への転職の内情を解説します!

一般外科は、都市・地方のどちらも必要医師数に対して現員医師数が足りていないこともあり、常勤・非常勤共に幅広い求人が全国にあります。また、一般外科の求人には総合的な技術を求められるところもあれば、呼吸器や消化器など専門的なスキルを求められる場合もあります。地方で小規模な病院の場合は、手術の経験を積めない可能性も大いにあるので、確認が必要です。療養型の病院であれば、胃ろう・尿道カテーテルを交換するために外科医師の求人を題している場合もあります。それぞれの考え方や希望によって転職先は千差万別なので、求人数は多いと言えどプロのサポートが必要です。

転職エージェントに登録することで、ご自身の現職の不満、今後の展望などを全て含めた上で、コンサルタントが第三者の目線から絞り込んだ求人だけに目を通すことができます。一から求人情報誌を開いて探す手間がかからないため、時間をかけずに質の高い転職ができます。

一般外科の求人情報

【No.1】一般外科の求人例

勤務地高知県
年収・給料1200万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟管理、手術、各種専門検査

【No.2】一般外科の求人例

勤務地福島県
年収・給料1700万円~2500万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査や手術

※一般外科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

一般外科への転職の評判

30代後半の男性医師の口コミ

整形外科として都内のクリニックで勤務していましたが、実家で経営している病院を引き継ぐことになったので、外科としての経験を積みたいと思って転職エージェントに登録しました。消化器の外科のスキルを磨いて専門医も取得したいと思ったのですが、整形外科としてのスキルも捨てたくないので、多少は整形外科としての仕事も続けたいと考えていたので、それをコンサルタントにそのまま伝えました。結果的に、病院で外科研修をして、その関連のクリニックで週1回だけ整形外科として勤務するというプランをご提案いただいたので転職を決めました。

消化器外科のスキルを磨きつつ、整形外科としての業務もするというのは言葉にすると簡単ですが、実際に自分で仕事を探すとなると大変だと思います。転職エージェントに登録する前は、消化器外科として常勤で働く病院と整形外科として非常勤で働くクリニックをそれぞれ別で探そうと思ってましたが、2つの職場に同時に入職するのは思っている以上に負担がかかります。コンサルタントに提案してもらったのは関連の病院・クリニックだったので、面接も一回だけでしたし、何より職場にもすぐ馴染めました。

一般外科への転職に良いサイトランキング

一般外科への転職は下記のサイトがおすすめです!

一般外科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。一般外科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

外科一般外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 形成外科 美容外科