転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 科目から考える > 眼科への転職

眼科への転職

眼科への転職体験談や求人市場に関して説明しています!

目やまぶたの病気、視力など目に関する総合的な診療・治療を行う診療科である眼科への転職体験談や求人市場の変化などに関して説明しています!

専門医を取得していることが必要とされる眼科医の転職ですが、専門性の高さや手術スキルを持っていれば、多くの医療機関への転職が可能となります。

眼科の医師の構成

眼科【病院】

病院
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数188306100.079.220.843.7
眼科46882.559.540.541.3

眼科【診療所】

診療所
医師数(人)構成割合(%)男女比率(%)平均年齢(歳)
総数100544100.082.517.558.7
眼科81478.164.235.855.7

※厚生労働省「平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査」より引用。

眼科の医師構成の傾向

眼科医師として勤務している人の人数は特に診療所に多く、100544人いる診療所勤務医師のうち8%以上、人数にして8000人以上が眼科の医師です。病院においては若干比率が下がり、医師全体の2.5%の4688人となっています。

医師は女性比率が低い職業ですが、眼科に限れば全体の医師のうち3分の1以上が女性医師です。平均年齢は全体よりやや低い値となっています。

眼科への転職情報

眼科への転職の内情を解説します!

眼科では必要医師数に対して現員医師数が少ないため、求人は多くあります。そのため、常勤・非常勤どちらでも全国で転職が可能な状況です。年収は1600万円~2000万円あたりが相場で、特に東北地域や関東地域での年収が高い傾向があります。転職するにあたっては、専門医を取っていることがほぼ前提条件となっているのが現状です。専門性が高く、手術の経験もある状態であれば、眼科を専門で扱う病院のみならず、多くの機関への転職が可能になります。また、一部脳神経外科などからも求人が出ています。

眼科では、専門性を生かした転職をすることが必要になります。そのため転職エージェントのコンサルタントを活用することをおすすめします。彼らは転職のプロなので現在のスキルを生かしたキャリアプランを提案してくれます。

眼科の求人情報

【No.1】眼科の求人例

勤務地東京都
年収・給料1800万円~2300万円
勤務形態常勤
勤務内容眼科外来、手術

【No.2】眼科の求人例

勤務地茨城県
年収・給料1200万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

※眼科の求人例をご紹介していますが必ずしも上記の求人があるとは限りません。

眼科への転職の評判

30代前半の男性医師の口コミ

以前は東京の眼科病院で勤務していました。その病院は、職場環境が非常に悪く、その割に給料も低かったので良い求人があるならばすぐに転職をしたいと思っていました。そこで転職エージェントの存在を知って登録して、コンサルタントの方との面談をしました。1時間近く現状の不満を言いましたが、コンサルタントの方は真摯に私の話に耳を傾けてくれました。その後すぐに私の希望に沿った求人を紹介してくれ、面接や見学の日程の調整をしてくれました。転職の際には条件の交渉もしてくれたので、本当に感謝しています。

転職前の職場の環境の悪さは主に上級医師との関係の悪さから生じるものだったんです。求人情報誌を見ると、場所やおおよその年収、職場の写真、労働条件など色々な情報を見れますが、人間関係とか職場の雰囲気って文字で伝わるものではないと思います。転職エージェントのコンサルタントは、実際に各転職先とやり取りをしているので、そういった文字にできない情報に関しても、包み隠さずに話してくれました。悪い情報もちゃんと言ってくれるので、転職のミスマッチをなくすにはなかなか良い手段だと思いました。

眼科への転職に良いサイトランキング

眼科への転職は下記のサイトがおすすめです!

眼科に転職をお考えの方は、下記がおすすめです。眼科への転職をされた方の口コミで各サイトを比較しています。

この他の診療科目のページ

別の科目の転職事情も把握しましょう!

科目別のページをご覧になった方は、自分の希望科目の事情をより客観的にとらえるためにも、近い分野の科目の傾向をおさえておきましょう。

その他皮膚科 小児科 精神科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 婦人科 放射線科 麻酔科 救急救命科 リハビリテーション科 人工透析 人間ドック・健診