転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 山梨県への転職

山梨県への転職

山梨県の医師の転職事情や市場動向をご紹介しています!

県庁所在地の甲府を中心として85万人の人々が暮らす山梨県の転職情報や市場の動向などに関してご紹介しています。

山梨県では全都道府県の中でも、かなり医師不足が進んでいる地域で、常勤を中心として多くの求人を出しています。地域によって年収にはばらつきがありますが、2000万円を超えるものも少なくありません。

山梨県の求人数と求人理由

山梨県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
山梨県1,047809182203022509431.29

山梨県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
山梨県1681557613495237

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

山梨県の求人理由

山梨県では、現員の医師数が全国平均の3分の1以下になっています。倍率も全国平均値を超えており、医師不足が進んでいることがわかります。そのため積極的に求人を出しています。しかし、あくまで常勤医師の募集が中心となっており、短時間や非常勤での募集は多くありません。

山梨県の医療機関では、近いうちに退職する医師がいることや常勤の医師を増やしたいことを理由に求人を出しています。また、休棟している病棟を再開させるために医師を募集していることもあります。

山梨県への転職事情

山梨県での転職市場の特徴を解説しています!

山梨県は医師不足が進んでいる地域の一つであり、厚生労働省による調査でも人口10万人あたりの医師数が全国の平均値を13人も下回っています。それらの背景を踏まえて山梨県では、若い医師に対して留学サポート、臨床研修制度などを行い、医師の確保や定着に疎めています。

山梨県の内科求人は、一般内科など総合的な診療ができる人に特にニーズがあります。外科求人は、整形外科、一般外科などが特に多く出ており、手術の経験があると転職時に有利に働きます。その他にも精神科の病院・クリニックも多く、ある程度自分の希望通りの求人が見つかる傾向にあります。

年収に関しては、内科と外科の間に大きな違いはありません。県の中央部から北部にかけては年収1500万円~2100万円、南部では年収1400万円~2000万円、西部では年収1600万円~2300万円、東部では、年収1300万円~1900万円というのが大まかな特徴です。

山梨県内の医療機関への転職を考えている医師は転職エージェントを利用しましょう。山梨県においては条件交渉によって年収など労働条件が変わることが多いので 、粘り強く交渉してくれるコンサルタントが非常に頼りになります。

山梨県の求人情報

【No.1】山梨県の求人例

科目腎臓内科
年収・給料1500万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容透析管理、外来診療、病棟管理

【No.2】山梨県の求人例

科目整形外科
年収・給料1500万円~2500万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・病棟管理・手術

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

山梨県の医師の評判

外科、40代後半の男性医師の口コミ

医局の派遣で、岩手県の病院で外科の医師として医療に関わってきましたが、2011年の震災の影響で、1日おきに手術があるような状況になりました。とても大変でしたが、この状況を放って置くことはできず勤務を続けました。落ち着いてからは、少し時間に余裕のある環境で勤務したいと考えるようになって転職エージェントを利用しました。年収は800万円も上がり、勤務日数も減るという申し分のない条件の求人があり、山梨県に移住して入職に至りました。

内科、50代後半の男性医師の口コミ

群馬県の病院で脳神経外科の医師として働いていたのですが、当直などもあり実質は週6日~7日勤務という状態でした。50歳も過ぎていて、多少ゆとりのある環境が良いと思って転職を決めましたが、給与水準は落としたくありませんでした。紹介してもらったケアミックス病院はオンコールがなく、メリハリのついた職場で見学時の雰囲気もゆったりとした感じだったのでここで働きたいと思えました。転職における手続きを全てコンサルタントにやってもらって無事入職しました。

山梨県の転職に強いサイトランキング

山梨県の転職で人気のサイトを紹介しています!

山梨県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

関東茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県