転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 埼玉県への転職

埼玉県への転職

埼玉県の転職体験談やおすすめの転職エージェントを記載しています!

東京のベットタウンとしてのイメージが強く、アクセスも良い埼玉県における転職体験談や求人情報を記載しています。

埼玉県には多くの医師がおり、求人も内科や外科、その他の科目から多く出ています。年収に関しても他の都道府県より高い傾向がありますので、ある程度満足のいく転職することが可能になります。

埼玉県の求人数と求人理由

埼玉県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
埼玉県6,7585,3092211,22870562932441.10

埼玉県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
埼玉県57252417311341051514

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

埼玉県の求人理由

埼玉県の現員医師数は、非常に多くて全国平均の2倍程度の値となっています。県全体で必要としている医師の数も700人を超えており、特に常勤の医師に関しては強いニーズがあります。求人も多く出ているため、ある程度自分の希望に沿った求人への転職を実現することができます。

埼玉県の病院やクリニックが求人を出している理由として最も多いのが、患者数の多さによる現員医師の負担を軽くすることで、3割以上もの医療機関がこう回答しています。次に多いのは、救急医療への対応というものです。

埼玉県への転職事情

埼玉県での転職市場の特徴を解説しています!

埼玉県では、県内に勤務している医師や県民が医療機関の場所や求人などの情報を取得できるようなシステムを用意しており、埼玉県のホームページにて確認することができます。また、災害時の医療に対応する拠点も設けており、医療における取組が進んでいる地域だと言えます。

地域によって求人の内容に大幅な違いがあります。さいたま市では、急性期・療養型の病院、クリニックなど多くの求人が出ています。中央部では、年収が2000万円近くで当直・オンコールがない求人など比較的好条件と言えるものがあります。東部では条件交渉がしやすい地域となっています。

比較的高給料の求人が多いのが埼玉県全体として言える特徴です。中でも、北部エリアでは東京都より100万円以上高い求人もあります。また、秩父では年収2000万円以上の病院やクリニックも多くあります。このようにそれぞれの地域や都市で年収にも差があります。

埼玉県への転職は、コンサルタントをうまく活用するかしないかで、転職活動の質が決まります。より好条件での転職をご希望なのであれば複数のサイトに登録して客観的な目線を持てるようにしましょう。

埼玉県の求人情報

【No.1】埼玉県の求人例

科目人工透析
年収・給料1800万円
勤務形態常勤
勤務内容透析管理

【No.2】埼玉県の求人例

科目産婦人科
年収・給料1600万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・病棟管理・手術・リハビリテーション

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

埼玉県の医師の評判

救命救急科、30代後半の男性医師の口コミ

以前は脳神経外科の医師として医局からの派遣で病院に勤務してきました。脳神経外科の業務の中で救急究明にどんどん興味を持っていくようになって、医局を出て転科する決意をしました。科目を変える転職は難しいものだと思っていたので、確率を高められるように転職エージェントに登録しました。コンサルタントの方は熱心に話を聞いてくれ、その話を元にして求人を紹介してくれました。結果的に紹介してもらった中で見学をした際に雰囲気の良かったところに転職しました。

皮膚科、30代半ばの女性医師の口コミ

これまでは、週5日の勤務で比較的忙しい中、クリニックに勤務してきました。子供が生まれたこともあり、できるだけ家族に時間を遣いたいと思って、非常勤の求人を探すために転職エージェントに登録しました。コンサルタントから提案されたのは週2日の非常勤、埼玉県のクリニックで、家からも1時間弱で行ける職場でした。面接後に入職が決まってからも、条件の交渉を積極的に行ってくれたおかげで年収は1000万円と、これまでと比較して200万円ほどしか下がりませんでした。

埼玉県の転職に強いサイトランキング

埼玉県の転職で人気のサイトを紹介しています!

埼玉県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

関東茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県