転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 沖縄県への転職

沖縄県への転職

沖縄県の求人の動向や転職事情を解説しています!

約40もの離島に140万人以上の人が住んでいる沖縄県における医師の求人情報や転職体験談をご紹介していますので、是非参考にしてください。

沖縄県では、療養型の病院を除いては積極的に求人を出している医療機関が多いです。特徴的な転職市場なため、地域の転職に精通したコンサルタントのサポートを受けるのが賢い手段だと言えます。

沖縄県の求人数と求人理由

沖縄県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
沖縄県1,7771,4384229732329113191.18

沖縄県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
沖縄県2782561394635011

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

沖縄県の求人理由

沖縄県は、他の都道府県より医師不足が深刻な地域だと言えます。現員医師数は全国平均の半分程度、人口を加味した医師の不足の程度を示す倍率も平均を超えています。そのため、沖縄県では医師の確保のために求人を多く出しており、常勤を中心に幅広い勤務形態で募集をかけています。

沖縄県では、患者数の多さや当直の多さに起因する医師の身体的負担を軽減すること、転職してします医師の補充すること、外部機関からの派遣で医師を確保することを求人理由として挙げる医療機関が多くなっています。

沖縄県への転職事情

沖縄県での転職市場の特徴を解説しています!

沖縄県のように離島を多く抱える県では、離島の医療が多々問題になります。沖縄では、ゆいまーるプロジェクトと称して医師の派遣事業を行うことで解決に努めています。長寿や健康の印象が強い県ですが、最近ではそれに陰りが見え始めているため、県としての医療に対する意識は非常に強くなっています。

医師の仕事探しに関しては沖縄には他の県にない特徴があります。県内で転職する場合は、人づてで知り合いの病院やクリニックで働き始めるということが一般的になっています。とはいえ、県外からの転職では多くの医師が転職エージェントを利用することになります。

求人の内容は療養型病院以外からは基本的に多くの求人があります。その中でも特に、回復期の病院や精神科のクリニックなどからの求人は多い傾向にあります。給料はとりわけ高いわけではなく、相場は年収1200万円~1800万円程度で、物価の低さを考えると妥当な給与だといえます。

県外からの転職、県内での転職、どちらの場合でも転職エージェントの利用は有効な手段だと言えます。沖縄県のように特徴的な転職市場だと、その地域の求人市場を熟知した人のサポートを得られるのは非常に有益です。

沖縄県の求人情報

【No.1】沖縄県の求人例

科目脳神経外科
年収・給料1200万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、手術

【No.2】沖縄県の求人例

科目循環器内科
年収・給料1800万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理や各種専門検査

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

沖縄県の医師の評判

神経内科、30代半ばの男性医師の口コミ

以前は神経内科の医師として、沖縄の市街の病院に勤務してきました。少し余裕のある働き方をしたい、臨床に時間を使いたいという2つの思いがあって転職を考えました。かなり幅広い提案をもらえたのが良かったです。自分の条件を満たす病院はもちろん、老健やクリニックなど色々紹介してもらったおかげで色々な働き方を知ることができました。結局、紹介してもらった中で一番良いと思った病院に転職しました。

内科、30代前半の男性医師の口コミ

内科医としてクリニックでキャリアを積んできました。以前から地域医療に関わっていきたいと考えていたこと、時間にゆとりがあって自然に囲まれた住環境にあこがれていたこともあって沖縄県への転職を決めました。なので、自分のスキルを活かせる職場であれば年収は多少下がっても構わないとコンサルタントには伝えました。忙しかったこともあって、多くがメールでの対応となってしまいましたが、私の意思をくみ取って適切な対応をしてくださったので感謝しています。

沖縄県の転職に強いサイトランキング

沖縄県の転職で人気のサイトを紹介しています!

沖縄県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

九州・沖縄福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県