転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 新潟県への転職

新潟県への転職

新潟県における転職事情や市場の動向を説明しています!

常勤の医師の確保に特に苦労している地域である新潟県への転職事情や求人市場の動向などに関して説明しています。

新潟県の医師数は新潟市を離れるほど少なくなっていき、医師の募集も常勤をはじめとして、非常勤・短時間も積極的に行っています。医師不足も影響して、医師の年収がとても高いのが特徴の一つとして挙げられます。

新潟県の求人数と求人理由

新潟県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
新潟県2,6992,2694338759155224151.22

新潟県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
新潟県4734481312118104113

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

新潟県の求人理由

新潟市では比較的現員医師数が多いですが、その他の地域で少ないため、平均すると医師不足の傾向にあります。そのため、常勤・非常勤、短時間など勤務形態を問わず医師が必要とされ、実際に多くの求人が出ています。その中でも、特に常勤医師の募集が多くなっています。

求人を出している理由に関して、新潟県の医療機関では外部機関から医師を集めていきたいこと、救急に対応できる医師を増やしたいこと、現員の医師の負担を少しでも軽くしたいことなどを挙げています。

新潟県への転職事情

新潟県での転職市場の特徴を解説しています!

全都道府県中でもかなり医師不足が進んでいる地域でもあります。新潟市では比較的医師数が足りていますが、そこから離れるにつれて人口中の医師の割合は減っ定期ます。それに対応するために、奨学金制度や医師の派遣制度など様々な施策を県の行政が主体となって行っています。

内科では、一般内科など総合的な診療ができる医師が求められており、専門科目単体の求人は数に限りがあります。外科に関しては、総合的な診療スキル、緩衝器外科としてのスキルを持っていると転職しやすい傾向にあります。その他にも人間ドックや精神科などに需要があります。

給料は上越と中越と下越に分けて考えることができます。上越では、内科と外科共に1500万円~2200万円程度が相場となっており、中越では1200万円~2000万円、下越では1300万円~1800万円というのが大まかな平均年収です。もちろん、年齢や経験年数、スキルなどによって年収は大幅に変わってきます。

新潟では新潟の転職の傾向があるため、プロのアドバイスは必須となります。転職エージェントのコンサルタントは各地域ごとの求人の特徴を捉えたうえで、アドバイスを出してくれるので、地方の転職においては欠かせない存在です。

新潟県の求人情報

【No.1】新潟県の求人例

科目精神科
年収・給料1500万円~2400万円
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、病棟管理、各種専門検査

【No.2】新潟県の求人例

科目消化器外科
年収・給料1450万円~1650万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟、検査

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

新潟県の医師の評判

呼吸器内科、30代後半の男性医師の口コミ

医局に籍を置いて、派遣先の病院で呼吸器内科の医師として勤務してきましたが、もっと自分に裁量権のある環境で仕事がしたいと考えるようになりました。転職前の年収が1400万円だったので、年収に関してはそれ以上を希望していて、自分の意見が通りやすい職場を見つけるために転職エージェントに登録しました。裁量権があるかどうかといった職場の内情は求人情報誌を見てもわかる情報ではないので、特にそういう場合にはコンサルタントはすごく頼りになる存在だと思います。

神経内科、50代前半の男性医師の口コミ

以前は病院で脳神経外科として勤務してきましたが、50代になってから身体的に厳しくなって転科することを決意しました。年収はこれまでの1500万円だったのでそれと同程度、あとは自分を必要としてくれる環境で仕事がしたいと思っていました。50代だったため採用してもらえるか不安でしたが、通る可能性の高い求人のみコンサルタントが紹介してくれたため、特に問題なく入職まで至りました。スムーズに対応してもらえてとても満足しています。

新潟県の転職に強いサイトランキング

新潟県の転職で人気のサイトを紹介しています!

新潟県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

中部新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県