転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 長崎県への転職

長崎県への転職

長崎県の転職体験談や求人動向を説明しています!

1000近くの島を持ち、県全体では140万人以上の人々が住んでいる長崎県の転職事例や求人の同行などに関して説明しています。

長崎県の転職事情は本土と離島に分けて考えることができます。本土では、比較的医師が足りている傾向がありますが、基本的に全科目でニーズがあります。離島では特に総合的に診療できる医師が求められている傾向があります。

長崎県の求人数と求人理由

長崎県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
長崎県1,9441,4936139022920411141.12

長崎県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
長崎県170154610595054

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

長崎県の求人理由

現員医師自体は長崎県では全国平均の半分しかいませんが、人口の少なさを考慮に入れると、そこまで医師不足は進んでいない傾向にあります。募集に関しては常勤と非常勤、短時間など勤務形態は幅広く出ているので、ある程度自分に合わせた働き方ができます。

長崎県の病院・クリニックの求人理由は様々ですが、特に多いのは医師の負担軽減、退職医師の枠の補充、休棟・休診している病床、科目の再開、救急体制の拡充などとなっています。

長崎県への転職事情

長崎県での転職市場の特徴を解説しています!

長崎県の転職事情は離島と本土で切り離して考える必要があります。離島では医師が集まりにくい現状があるので、県としてこの課題の解決に取り組んでいます。離島・へき地医療支援センターを設立して、インターネットを利用した正規雇用の医師派遣事業など積極的に行っています。

しかし、離島への転職をする医師は大幅に増えていないのが現状です。そのため、Iターン・Uターンなど県外からも広く医師を募集しており、特に一般内科などにニーズがあります。本土でも、中心都市以外では医師不足の傾向がるため、内科を中心としてほぼ全ての診療科目で医師が求められています。

へき地では、例え1年~2年程度の短い勤務が前提であろうとも高給料の求人があり、年収にして2000万円以上のものも多くあります。本土では、佐世保などの地域で医師が足りておらず、1800万円~2200万円程度の比較的高い年収での勤務も可能となっています。

特に県外からの転職をお考えの医師の方には転職エージェントの利用をおすすめしています。地理上、他の県と異なった転職事情となりますので、地域の求人に精通したコンサルタントのアドバイスはとても貴重なものとなります。

長崎県の求人情報

【No.1】長崎県の求人例

科目泌尿器科
年収・給料1800万円~
勤務形態常勤
勤務内容外来診療、各種専門検査

【No.2】長崎県の求人例

科目消化器外科
年収・給料1500万円~1800万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟診療、外科手術

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

長崎県の医師の評判

循環器内科、40代半ばの男性医師の口コミ

長崎県出身でしたが、大分の大学を卒業して医局に籍を置いて、派遣先の病院で循環器内科の医師として勤務してきました。職場が忙しいことを理由として転職することにしたので、転職先の条件として時間にゆとりがあることは絶対でした。具体的には、週5日勤務で当直・オンコールがなく、残業が少ない職場であれば転職するとコンサルタントに伝えて、求人を探してもらいました。悪い情報なども包み隠さず教えてくれたのでとてもスムーズに進みました。

人間ドック・検診、40代前半の男性医師の口コミ

人間ドックのクリニックで検診業務を行ってきましたが、業務の負担が重すぎました。それに加えて、自宅から遠い場所だったためにほとんど自分の時間を取れずにいました。年収は今より200万円高い1300万円、常勤の医師が3人はいることを要望として転職活動を始めました。今後のキャリアを含めて一緒に考えて、プロの目線からアドバイスをくれたのは非常に支えになりました。転職先も無事に見つかり、入職してからは楽しく働くことができています。

長崎県の転職に強いサイトランキング

長崎県の転職で人気のサイトを紹介しています!

長崎県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

九州・沖縄福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県