転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 鹿児島県への転職

鹿児島県への転職

鹿児島県における医師の転職事情をご紹介しています!

九州新幹線の開通によって福岡県からのアクセスがしやすくなった鹿児島県における医師の転職事情や求人関連情報を提供しています。

鹿児島県では、医師の偏在が問題となっており、医師の少ない地域からは非常に多くの好条件求人があります。しかし、このような転職の際には忙しい職場の可能性がありますので、事前にコンサルタントを介して情報収集しましょう。

鹿児島県の求人数と求人理由

鹿児島県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
鹿児島県2,4841,824101559527391161201.21

鹿児島県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
鹿児島県3532821160174109560

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

鹿児島県の求人理由

鹿児島県には医師が2500人足らずしかおらず、日本の中でも特に医師の少なさが課題となっている地域です。そのため、鹿児島県では多くの求人を出して医師を募集している状況が続いています。その中でも、特に常勤・非常勤の求人が中心となっており、短時間での募集は少なくなっています。

鹿児島県の医療機関では、休診中の診療科目があるところが多く、その再開の際に必要となる医師を確保しようと求人を出している場合もあります。他の求人理由として、常勤の医師が欲しいと回答している機関も多くなっています。

鹿児島県への転職事情

鹿児島県での転職市場の特徴を解説しています!

鹿児島県では、大隅半島付近などを中心に非常に医師が少ない地域と鹿児島市など中心都市との医師数の差異が問題となっています。行政単位では、医師会を中心としてドクターバンクを運営し、医師の増加に努めています。新幹線が通ったこともあり、次第に医師の数が増加してきています。

鹿児島市でも求人は多く出ていますが、やはりその他の地域からの募集の方がくらべものにならないほど多い状況です。内科はもちろん、外科、麻酔科、救急救命科、リハビリテーション科など様々な診療科目からニーズがあり、県内・県外を問わず医師を求めています。

上記のように求められている科目の医師であれば、特に好条件の転職が可能となっており、年収1500万円~1900万円の求人も多数あります。また、鹿児島市内よりも、その地域をより離れるほど給与相場が高くなる傾向があるので、年収にこだわりのある医師の方にはそちらの方がおすすめです。

医師の数が足りていない病院では、過剰な業務を任される場合があるので、転職してから困らないようにコンサルタントを通して事前に職場の内情を聞いておくようにすると、よりマッチする転職が可能になります。

鹿児島県の求人情報

【No.1】鹿児島県の求人例

科目消化器外科
年収・給料1200万円~2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来・病棟診療・内視鏡検査・オペ

【No.2】鹿児島県の求人例

科目麻酔科
年収・給料1500万円~
勤務形態常勤
勤務内容手術の麻酔管理

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

鹿児島県の医師の評判

内科、40代半ばの男性医師の口コミ

これまでは病院で内科医として週4日、年収1800万円くらいで勤務してきました。急性期病院だったので拘束があり、生まれた子供の面倒を見きれないことに不満を持っていました。そこで、オンコールなし、週4日勤務を満たす求人があるのであれば年収が100万円程度低くなっても良いとコンサルタントに伝えて求人を探してもらいました。ほぼ条件通りの求人を紹介してもらったので面接に行き、転職が決まりました。年収は交渉してもらったおかげで50万円ダウンで済みました。

整形外科、50代後半の男性医師の口コミ

病院の整形外科医として勤務してきましたが、病院のマネジメント側の意向で、内科メインの病院にすることになり、転職するしかありませんでした。年収は同程度で、自宅から1時間以内で行ける、手術はなし、という条件のもと、できるだけスピーディに対応してもらうようにお願いしました。コンサルタントは非常に頑張ってくれ、すぐに求人を3件ほど紹介してもらいました。全ての面接と見学に行き、人柄や雰囲気が良いと思った先に転職を決めました。

鹿児島県の転職に強いサイトランキング

鹿児島県の転職で人気のサイトを紹介しています!

鹿児島県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

九州・沖縄福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県