転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 群馬県への転職

群馬県への転職

群馬県の転職情報や求人の事例をご紹介しています!

上越新下院選によって東京から1時間程度のアクセスにある群馬県の医師の転職関連情報や求人の例をご紹介しています。

群馬県では、医師の増加・定着に力を入れており、求人も内科・外科問わずに多く出ています。地域によって年収や労働の環境に違いがあることから転職サイトをうまく活用して特有の転職情報をおさえておく必要があります。

群馬県の求人数と求人理由

群馬県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
群馬県2,4901,9264452046942518261.19

群馬県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
群馬県3933551424767042

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

群馬県の求人理由

群馬県では、前橋など大きい都市では医師が比較的足りていますが、北の地域では医師不足が進んでいることから、平均すると全国平均よりやや医師の不足率が高くなっています。求人も多く出していますが、その中でも特に多いのが常勤における求人で、短時間・非常勤はあまり求められていません。

勤務している医師が近いうちに転職してしまうこと、救急の患者への対応をしたいこと、休診・休棟している診療科目や病棟を改めて開始しようとしていることなどが求人を出している理由としてメインのものとなっています。

群馬県への転職事情

群馬県での転職市場の特徴を解説しています!

若い世代が群馬県を離れることによる少子高齢化、軽度の症状で夜間に医療機関を利用する患者の増加などによって医師への負担の増加が進んでいます。それに対して群馬県では、夜間クリニックを設けるなど医師の負担の軽減のために多くの求人を出して、人材の募集を行っています。

内科では、一般内科や少子高齢化への対策としてリハビリテーション科、神経内科などの求人が特に多く出ています。外科では整形外科をはじめとして消化器・消化器などに専門を持つ医師のニーズが高まっています。その他にも精神科や産婦人科などでの募集が多い傾向があります。

前橋などの大きな都市とその他の地域で大幅に給料に違いがあります。前橋では内科と外科共に年収1500万円~2500万円に収まります。その他の地域では、伊勢崎、沼田、桐生などでは年収が高くなっています。逆に富岡、渋川当たりでは低い給料となっています。

群馬県では、地域によって給料水準や労働環境に差異があります。地域による転職事情、求人市場の違いをおさえた上で転職活動を送ることは非常に重要なので、転職エージェントのコンサルタントをうまく活用しましょう。

群馬県の求人情報

【No.1】群馬県の求人例

科目人間ドック・健診
年収・給料1400万円
勤務形態常勤
勤務内容健診業務

【No.2】群馬県の求人例

科目産婦人科
年収・給料2000万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、分娩(月50件程度)、病棟

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

群馬県の医師の評判

産婦人科、30代前後半の男性医師の口コミ

医局に籍を置いて、千葉県にで勤務してきました。義理の父が群馬県で私と同じ産婦人科の診療所を経営していて、それを引き継ぐことになっていたので、今のうちに群馬の病院に転職してネットワークを作っておこうと考えました。常勤の医師がしっかりといて時間に余裕のあるところであれば、年収が下がることなどは気になりませんでした。コンサルタントに提案してもらった求人は、職場の雰囲気も良く、年収も300万円ほどその頃より高かったので転職を決意しました。

内科、30代前半の男性医師の口コミ

島根県のクリニックで内科医として勤務していたのですが、なかなか群馬にある自宅に帰ることができなかったため、転職することにしました。子供も学校に通っていたため、それを補うために給料のUPが絶対的な条件で、コンサルタントに対してもなるべく年収の高い求人を紹介してもらうように頼みました。そうしたら、年収2400万円の求人を紹介してもらったので転職しました。元から考えると600万円ほど年収が上がりました。

群馬県の転職に強いサイトランキング

群馬県の転職で人気のサイトを紹介しています!

群馬県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

関東茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県