転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 地域から考える > 青森県への転職

青森県への転職

青森県の求人市場の展開や転職情報を提供しています!

青森市と八戸市、弘前市を中心に人口150万人弱を抱える青森県での転職事情や求人市場の流れを解説していますので、是非参考にしてください。

青森県の求人は常勤のものがメインとなっており、中には年収2000万円を超えるものもあります。基本的には総合的な診療ができる人が求められていますが、大都市部では、専門的な診療科目への転職も可能です。

青森県の求人数と求人理由

青森県の医師数

現員医師数A必要医師数B倍率(A+B)/A
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3,5552,8287565151145917351.13
青森県1,5201,2682023348445912131.32

青森県の求人数

求人医師数非求人医師数
合計常勤短時間非常勤合計常勤短時間非常勤
全国平均3893501325122109410
青森県33631811714914117

※厚生労働省「平成22年 必要医師数実態調査」より引用。

青森県の求人理由

青森県では現員の医師の数が全国より大幅に少なく2分の1以下の数値になっていますが、必要医師数は全国平均とほぼ同じ値になっているため、医師不足がかなり進んでいる地域であることがわかります。尚、求人は常勤がメインとなっており、非常勤の医師求人はあまり多く出ていません。

求人を出す理由に関して、患者数が多いことによる医師の負担を軽減させるためと回答している医療機関は3割となっています。医師不足が進んでいるという問題点に関して対策を取っていることがわかります。

青森県への転職事情

青森県での転職市場の特徴を解説しています!

青森県の行政は医師不足に関して、Uターン・Iターンによって医師を増やす施策を行っており、実際に青森の地域医療を活性化させる機構も設けています。また、この機構にはコンサルタントの医師がおり、青森で勤務医している医師は現職における不満などを相談できる環境が整っています。

青森県では人口の多くが青森市や八戸市などに固まっているという特徴があります。これらの地域では、外科・内科共に総合的な科目から専門的な科目まで幅広い求人が出ています。一方でこれらの地域を離れると、求人の多くが総合的な診療を求められるようになります。

年収は、大台である2000万円を超す求人はやや少ない傾向があります。もちろん責任の重いポジションにおける転職であれば実現できますが、高年収の医療機関への転職の際にはこれまでの実績が求められます。大都市部と違い物価が安いこともあるので妥当な状況だと言えます。

青森県では転職の際の求人の幅があまり広くないため、転職エージェントを利用することをおすすめします。登録後にコンサルタントが紹介してくれるのは好条件の求人ばかりなので、満足のいく転職活動が送れます。

青森県の求人情報

【No.1】青森県の求人例

科目循環器内科
年収・給料1400万円
勤務形態常勤
勤務内容外来、病棟

【No.2】青森県の求人例

科目精神科
年収・給料1800万円
勤務形態常勤
勤務内容病棟管理、外来

※上記の求人例はすべて各サイトで一般に公開されているものから抜粋しています。

青森県の医師の評判

一般内科、40代後半の男性医師の口コミ

これまでは外科、救急でスキルをつけてきましたが、一個前の職場では外傷の治療しかできなかったため、もっと総合的な診療がしたいと思うようになり、転職エージェントに登録しました。家族がおり、月に数回は東京に戻りたいこと、年収が2000万円程度などを条件としてコンサルタントに求人を紹介してもらいました。6月に登録して同月にエージェントと面談、それから半年ほどで転職まで至りました。とてもスムーズなサポートをしてくださり満足しています。

内科、30代前半の男性医師の口コミ

転職前から青森県で呼吸器内科として病院に勤務してきましたが、内容の専門性が高すぎて若干やりたいこととの相違がありました。そこでサイトに登録してコンサルンタントとお話している中で、自分がやりたいのはもっと総合的に診れる内科だと思い、内科の求人を沢山紹介してもらいました。その中で特にやりたいことに近い病院の面接と見学をさせてもらいました。年収は依然と同じ、当直も週に1回ありますが、やはり自分の好きな分野で仕事ができるのは幸せです。

青森県の転職に強いサイトランキング

青森県の転職で人気のサイトを紹介しています!

青森県での転職時に沢山利用されているサイトです。実際に利用した医師の評判を基にランキングを作成しています。

この他の都道府県のページ

他の地域の転職事情も把握しましょう!

市場の傾向は地方ごとに特色が出るため、地域別のページをご覧になられた方は、近郊の都道府県の事情もご確認ください。

北海道・東北北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県