転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 転職ノウハウ > 求人を探す5つの方法

求人を探す5つの方法

医師の求人を探す手段を解説しています!

ここでは、医師が転職する際の求人探しの手段をご紹介しています。転職エージェントやハローワークを求人を探す方法は実にたくさんあります。転職エージェントを利用する方もいればハローワークを利用する方もいます。

もしくは、友人から紹介してもらったり、自ら直接探したりするパターンもあります。それぞれの求人の探し方にそれぞれの特徴やメリットがありますので、細かく解説していきます。

医師の求人を見つけるための、5つの方法

転職エージェント

転職エージェントとは、転職相談や求人紹介、手続きの代行、選考のアドバイスなどを総合的に支援してくれるサービスを指します。医師に特化したサイトも最近では増えてきています。

利用するメリットとしては、キャリア形成のプロのアドバイスを受けられることが一番に挙げられます。転職は大きな決断ですし、自分一人で選択のは難しい場合もあります。また、面倒な手続きを代行してくれるのもメリットの一つです。選考書類の作成、面接日程の調整、入職書類の作成など転職には面倒な作業が伴います。転職エージェントを活用するとそれらを全て代わりにやってくれるので、忙しい医師にとっては非常に喜ばれています。

とはいえデメリットも存在します。全国にあるすべての求人をカバーできておらず、数万件という求人の中から転職先を選ぶことになります。この対策として、複数のサイトに登録してアプローチできる求人数を増やすことが挙げられます。また、サイトによってはコンサルタントから強引に転職を薦められるケースもあるようです。そのため登録する転職エージェントはしっかりと吟味する必要があります。当サイトではランキングにして転職エージェントをご紹介しているので、ご利用ください。

求人サイト

求人サイトとは、医療機関からお金をもらって求人広告を出すサイトを指します。昔では、駅などにおいてある紙の求人情報誌がメインでしたが、最近ではウェブサイトに移行してきています。

求人サイトの最大のメリットは、スピーディーな転職が実現できることです。転職エージェントでは、コンサルタントという第三者を挟むため、連絡する度にある程度の時間がかかってしまいますが、求人サイトでは医療機関の採用者と直で連絡を取るため、その分スピードが速くなります。また、役立つ情報が見れることも利点だと言えます。求人サイトは求職者を集めるためにウェブマガジンやメルマガなどで転職にまつわるノウハウを発信しています。

デメリットは、求人の絞り込みや選考書類の作成、労働条件の交渉など、転職における作業を全て自分でやらなければいけないことです。基本的に転職活動は通常の仕事をしながら並行して進めるものなので、忙しい医師にとっては大きな負担となります。また、悪い情報が書かれていない点も求人サイトの悪いところです。これらのサイトは医療機関への応募が発生して初めて広告費が発生する仕組みになっているので、ネガティブな情報は極力避けています。

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が設置する人材紹介機関です。ハローワークと聞くと、失業者が行くところだという印象を受ける方もいるかもしれませんが、実際はそんなことはなく、有職者でも求人を紹介してもらえます。

求人数が多いことが利点です。ハローワークは47都道府県全てに置かれているため、地方の小規模なクリニックの求人なども幅広く揃っています。そのため、転職エージェントや求人サイトに内容な求人が見つかる場合があります。

悪いところは、求人の内容が曖昧な点です。転職エージェントなどと違い、それぞれの求人を電話などで調査して記載している訳ではないため、情報を鵜呑みにすることができません。

知人からの紹介

そこまで多くはありませんが、友人や親戚などから医療機関を紹介してもらって、転職に至るケースもあります。友人からの薦めなので、安心して転職に踏み切ることができます。

メリットは、職場の内情を事前に知ることができる点です。通常知ることが難しい職場のネガティブな情報なども包み隠さず教えてくれるので、転職してから 後悔することが少なくなります。

デメリットは、他の求人と比較することができない事です。転職エージェントなどでは数万件という数多くの求人を比較して絞り込んでいきますが、紹介の場合は原則として紹介してもらった一件に転職するしかありません。

直接の応募

求人サイト、ハローワークなどの第三者機関を利用せずに求人を探すこともできます。多くの病院は慢性的な医師不足に悩まされているので、直接の連絡でも快く受け入れてくれるケースも多いです。

一番良い所は、求人サイト経由と違い医療機関側が広告費を負担することがなくなる点です。そのため、広告費の分を交渉して自分の給与にプラスする交渉もできる可能性があります。

デメリットは、情報量が少ないことです。基本的にHPを見て応募することになりますが、HPには労働環境に関する情報が少ない場合がほとんどです。そのため、内情を知らないまま転職することになります。

転職の手段としてもっとも有力なサイトランキング

医師が転職する上で、是非利用しておきたいサイトです!

当ページでは、医師が転職する時の手段を説明してきましたが、その中で当サイトが最もおすすめしている方法は転職エージェントです。しかし、医師に特化しているサイトだけで数十個もある状況なので、どのサイトが優れているか判断しずらいのが現状です。ここでは、求人数やコンサルタントの質などから転職エージェントを比較して、優れている2サイトをピックアップしています。登録はもちろんすべてのサービスが無料なので、是非ご利用ください。

この他におすすめのページ

下記のページも人気です!

転職活動は医療業界における求人市場やノウハウを熟知した上で開始しましょう。例えコンサルタントを活用する場合でも必要になります。