転職に成功した医師が利用していたのはどのサイト?

HOME > 転職ノウハウ > 転職先の3つのチェックポイント

転職先の3つのチェックポイント

転職を決意する前に確認すべきポイントを説明します!

当ページでは、転職エージェントのコンサルタントに紹介してもらった医療機関にいざ転職しようかな、と思った際に最終的に確認しておきたいチェックポイントを解説しています。

せっかく転職したのに、転職先の病院・クリニックの労働環境に不満があっては元も子もありません。本当に後悔しないために確認しておきたい点をわかりやすく3つにまとめたので是非ご覧ください。

転職を決める前に、見ておきたい3つのポイント

医療機関の運営元

まず、どういう機関がその運営している病院かを確認する必要があります。なぜなら運営元によって大幅に条件が変わってくるからです。病院の運営元には様々なタイプがありますが、ここでは最も代表的な医療法人、大学、会社、公的機関という4つをピックアップして解説していきます。

医療法人とは、営利を目的としていない医療法人を指します。この場合は、経営者個人の理念が組織の文化に強く影響を与えています。なので、トップがどういう人で、どういう考えを持っているかを確認すると良いでしょう。

大学病院の場合は運営元が大学となるため、教育色が強くなるという点が特徴的です。スキルよりもアカデミックな学びを求めている人にとっては非常に刺激的な環境です。

会社が運営しているケースもあります。営利を目的としているため、利益を出すために効率重視やコストを低く抑えるという考え方が徹底しているケースが多いようです。もちろん、会社の経営者の考え方によって大幅に変わってきます。

国が運営する病院、県などの地方自治体が運営する病院の場合は、比較的時間に余裕をもって勤務できるケースが多いようです。しかし、近年では医師不足の影響もあって、効率を意識した病院が増加傾向にあります。

職場の雰囲気

職場の雰囲気は求人情報からだけでは判断できないので、確認が難しいです。しかし、職場の人間関係や空気感は長い期間働くのであれば非常に重要です。他の医師との関係が悪化して転職に至るケースも多いので、転職前にしっかりと押さえておきましょう。

確認する手段としてもっとも有力なのが転職エージェントからの情報です。彼らは、それぞれの医療機関とのコネクションがあるため、職場の内情まで詳しく知っています。

病院の採用担当者や経営者から得た情報や、そこで勤務している医師による口コミや評判といった情報を元にアドバイスをしてくれるので、とても頼もしい存在です。

他にも、職場見学を行うという方法もあります。実際に職場に訪れることで自ら確認することができるので最も正確な情報が手に入ります。また、面接のときに担当者に質問をしてみるのも有効だと言えます。

細かい労働条件

労働条件は医療機関と労働者の間でトラブルになることが非常に多いので、事前にチェックしておきましょう。転職を考えている医師の多くは労働条件の改善を理由として挙げているので、入職した後になって後悔しないようにするために細かくチェックしましょう。

まず、時間に関しても労働条件を確認しましょう。当直があるのか、あるとしたらどれくらいの頻度か、また、残業が必要となる日はどれくらいあるのかなどは最も重要です。特にワークライフバランスにこだわりがある方には大事な項目です。

また、人員の体制が整っていることも条件として重要です。常勤の医師が自分以外にもしっかりといるのか、その人たちが職場を離れる予定はないかなどを調査しましょう。もちろん医療機関の規模にもよりますが、常勤医師が3人以上いれば安心しても良いでしょう。

そして最後にお金に関してです。給与をしっかりともらえるかどうか確認しましょう。また、提示された給与に不満がある場合は転職エージェントに相談して条件交渉をしてもらうことで、多くの場合で改善してもらえます。

医療機関とのコネクションが強いサイトランキング

下記は病院・クリニックとのつながりが強いサイトです!

ここまで、転職先の機関のチェックすべき点に関してまとめてきましたが、これらは転職エージェントを利用することで比較的簡単に確認することができます。病院とのコネクションが強いサイトならば、職場の内情などの細かい情報、雰囲気など文字にできない情報でもしっかりとコンサルタントが説明してくれます。ミスマッチを防ぐためにもしっかりと活用しましょう。尚、サービスはすべて無料で受けられるので、ご安心ください。

この他におすすめのページ

下記のページも人気です!

転職活動は医療業界における求人市場やノウハウを熟知した上で開始しましょう。例えコンサルタントを活用する場合でも必要になります。