医師の転職の本当の実態


おはようございます、「医師転職サイトなび」のスタッフです。本日は、医師が転職をする際の実態を事細かに解説していきたいと思います。転職をお考えの方は是非ご覧ください。

転職を考える時期

そもそも転職を考えるのはどんな時なのでしょうか。年収をUPさせたい時、労働環境を改善したい時など様々なタイミングがあるかと思いますが、その沢山あるタイミングの中で特に多いのが、医局を退局する時です。つまり、後期研修を終えた時や専門医を取得した時などが具体的なタイミングになります。

転職する理由

医師の方ならご存知のように医局は、現在の日経の大企業を同じようにピラミッド型の組織です。ただでさえ狭き門なのに、少子高齢化の影響を受けてより一層昇進するのは難しい状況になっていくことが予想されます。また、派遣が自分の希望に必ずしも沿うわけではありませんし、安定していません。これらの事を考えると、より一層お金をもらえて、且つ場所も自分で選ぶことのできる転職という選択肢を選ぶのも納得できます。

医局をやめるハードル

医局をやめる際には基本的に教授に対して意向を伝えることになります。もちろん医局からしても、辞められると地域への医師の派遣が滞るなど相当な痛手となるので、拒んでくることでしょう。何も考えずに「辞めます」と伝えるだけでなく、その反対を押し切るほどの理由を考える必要もあるのです。教授と来年の春に関する面談する際に伝える医師が多いようです。また、退局を切り出した後も一定期間はそこで働くことになるので、ここも転職する上でに大きなハードルとなります。

退局の理由として最もなもの

いくら思っていても言ってはいけないこともあります。「方向性が合わない」、「やりたいことがやれない」など相手を否定する事を言うのは最もいけません。退局の際には、最もらしく且つ相手を否定しない理由を述べるようにしましょう。女性医師であれば、結婚するなどというのも良いでしょう。男性医師であれば、年齢によりますが、両親を介護することを理由として挙げる人もいます。

退局の前に転職先を見つけておくべき理由

転職する医療機関は事前に決めておき、選考も受けて内定をもらっておきましょう。これには2つの理由があります。1つ目が自分のためです。転職先を見つけないまま辞めてしまうと、職がない期間ができるため金銭面で負担がかかるだけでなく精神的にも余裕がなくなってしまいます。2つ目が申し出を断られないようにするためです。転職先を決めていることで、自分の意思が固いことを教授にわかってもらえます。

転職すれば解決するか

医局をやめて転職する際には、本当に自分の不満が転職によって解消されるか、希望が転職によって満たされるかということに関して絶対に考えることにしましょう。せっかく上記のような数々のハードルを乗り越えたにも関わらずそれらが達成されないのであれば本末転倒です。しっかりと自分の考えを整理してから退局、転職に踏み切りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>