医局をやめた医師の転職事情


こんにちは、「医師転職サイトなび」のスタッフです。今回は、医局を出た医師がどのようなキャリアを歩むのか、そして年収をアップするのにおすすめの地域や科目はないのか、ということに関して解説してきたいと思います。

最近では、医局をやめるのも当たり前

医局の勢力が強かった以前からすると、現在では医局をやめるキャリアパスを選ぶ医師も増加しているため、転職市場も非常に活発になってきています。医療業界における転職は売り手市場だとは言え、もちろん民間の病院・クリニックでの労働条件には大幅に差があります。ある程度のリスクを負って医局をやめる以上、その分のリターンをしっかりと得たいですよね。そのため、転職市場への理解を深めてより自分にメリットのある形で転職活動を行うようにしましょう。

条件の良い地域と科目

先述したように民間の医療機関の提示している条件はまちまちですが、転職するのであればより条件のよい職場に転職したいですよね。地域によっては医師が不足していることもあり、とても高い年収を提示しているところもありますし、科目に関してもまた然りです。ここで質問なのですが、医師の数が多い県(ここで言う多いとは人口当たりの医師数という意味)、少ない県を大体でも思いつきますか。

転職におすすめの地域「埼玉県」

先程の回答ですが、構成労働省の人口10万人当たりの医師数のデータを見ることで明らかになります。医師が多い件は京都府、東京都、徳島県となっています。京都府と東京都は納得かもしれません。しかし、以外にも徳島県が入っています。細かく見ていっても、地方だから医師が少ないというのは幻想にすぎず、実は多くの地方の県が医師数のランキング上位に入っているのです。医師数が多いということは、ある程度医師が足りている医療機関が多いため、医師獲得競争がそこまで起きず、結果としてあまり良い求人がなくなります。(もちろん、他の要因によって良い条件を提示される場合もあります。)

一方で、医師数が少ない県はどこなのでしょうか。実は、埼玉県、茨城県、千葉県となっています。つまり東京に近隣の地域ですね。一般的に医師が不足しているの思われている中部地方や東北地方よりも格段に少なくなっています。医師の不足は病院やクリニックの採用意欲の向上につながりますので、各医療機関ごとに競争が生まれてより良い条件の求人がでてきたりします。

転職におすすめの科目「一般内科」

また、地域と同じように科目に関しても見ていきましょう。医師が不足しているところの条件がよい都いう先程の要領で考えるのであれば産婦人科などマイナーな科目を考えがちですが、実はこういった科目は医師の母数が少ないため、そもそも求人数が少なくなっています。外科系の科目に関しても同じことが言えます。では、求人数が多い(=需要が多い)科目はどこなのでしょうか。求人の内訳を見てみると、ご存じの方も多いかと思いますが、内科が約50%、外科が約20%、その他が約30%となっており、内科の求人が一番多いことがわかります。また数ある内科の科目の中でも求人数が特に多いのが一般内科、循環器内科、消化器内科となっています。求人数の多さは、競争率の高さ、つまりは条件の良さを示しています。

転職事情を頭に入れて転職活動をする

このように、地域や科目によって大幅に医師の転職事情は変わってきます。例えば、医師数が充足している地域でマイナーな科目を探してもそもそも求人が見つからないという場合もあります。自分の希望と転職市場の両方に目を向けながら、より戦略的な転職を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>